婚期を逃さないための戦略【結婚でWEBマーケティングを学ぶvol.3】

これだけは押さえておきたい! 新人ビジネスパーソン必見の“超訳”ビジネス用語。マストで身につけるべきだけどなかなか覚えられないカタカナ言葉を、男女関係にからめて解説します。今回は、Twitterきっかけに結婚した著者の実体験から、消費者に効果的に訴えるWEBマーケティングについて学びます。
解説する用語:“サスティナビリティ”、“LOI”、“クロージング”

88 サスティナビリティ(Webマーケティング)

◇本来の意味◇

サスティナビリティとは「持続可能性」を意味し、企業が利益を上げ、将来においても顧客に製品を供給し続けられる可能性のこと。特に近年では、自社の経済的な発展だけでなく、環境保護や社会貢献といった社会的責任を果たすことで、将来にわたって事業を存続できる可能性を持ち続けようという取り組みのことを指す。

◆モテビジ解説◆

ネット恋愛では、オンラインからオフラインに移行するときに期待値を上回るような印象を与え、「2回目、3回目も継続して会いたい」と思ってもらうことが必要です。さらに、恋愛対象から結婚対象へとステップを進めるためには、さらなる人生のサスティナビリティを感じてもらわなければなりません。経済力か、肩書きか、安心感か、ずっと自分を好きでいてくれる愛情の深さか、それとも父親になる資質か。何を求めるかは女性によって違いますが、その大事な部分が共有できておらず、直前になって結婚を取りやめた、なんてケースも少なくないようです。ちなみに私の場合は、彼女いわく「絶対死ななそうなゴキブリ並みの生命力」が、一生をともにするパートナーとしての決め手になったようです。正直、微妙な気持ちです。

89 LOI(Webマーケティング)

◇本来の意味◇

LOIとは、「Letter of Intent」の略で、特定のプロジェクトや案件に対して、検討を実施することを約束する基本合意書のこと。双方が完全合意に達するには時間がかかる場合、大筋の合意の段階で状況確認、意思確認のために締結するもので、法的拘束力は持たない場合が多い。M&Aの際、交渉に先立って前提を確認する買収趣意書などがこれにあたる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
モテるビジネス用語

小石ヤマ

これだけは押さえておきたい! 新人ビジネスパーソン必見の“超訳”ビジネス用語。某有名企業に勤める著者が、マストで身につけるべきだけどなかなか覚えられないカタカナ言葉を、男女関係にからめて解説します。身近な恋愛ネタだから簡単に覚えられ、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません