テレビの役割は「バカな政治家に戦争をさせないこと」【後編】

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』のガースーこと、菅賢治プロデューサーのインタビューは後編です。30年近くテレビの仕事に携わり、その変化を見てきた菅さん。しかし、変わらないもの、変わるべきではないものもあります。菅さんが語るテレビの究極的な役割とは?(構成:おぐらりゅうじ

大まじめに考えるほどつまらなくなる

— 『笑う仕事術』(ワニブックス)にも書かれていましたが、今の日本全体がバラエティ番組的な「くだらない」ことを楽しむ余裕がなくなってきていると。

笑う仕事術 (ワニブックスPLUS新書)
笑う仕事術 (ワニブックスPLUS新書)

菅賢治(以下、菅) それは切実に感じますね。本来バラエティを作る人間にとって「くだらない」は最高の褒め言葉であるはずなのに、最近は「おもしろいとは何か」なんていうことを真剣に考えていたりする。バラエティなんて大真面目に考えれば考えるほど、つまらなくなっていくんです。僕の時代のディレクターは、礼儀知らずでしょうもない人間だったとしても、くだらないことをどんどん思いつけば大成することができましたが、今そういう人はあまり評価されない。

— そもそも今のテレビ局では採用されませんし。

 僕自身はバラエティをずっと作ってきた人間ですが、テレビ局は別にバラエティを作るためだけの組織じゃない。やはり採用の場では、最終的に会社員としてどうなのかっていうところを見なくてはいけません。

— 制作に特化した人ばかりを採用するわけにはいかないと。

 ただ、日本テレビの素敵なところは、たとえばアナウンサーを採用するときに、アナウンサーとしての資質だけでは採らないんです。前に「どうしてうちの会社はもっとアイドルっぽい子を採用しないんですか?」って聞いたら、「アナウンサーは同じ社員でも特殊な職種だから、いずれ表舞台に立てなくなったとき、どの部署へ配属されても大丈夫な人間を採用してる。社員として一生面倒を見る覚悟があるから、ほかの局とは採用基準が違うんだ」と。それを聞いて、この会社すごいなって思いましたよ。

— たしかに以前、日本テレビの番組を取材したとき、窓口になっていただいた広報担当者が元アナウンサーの方で驚きました。

 広報だけじゃなく、営業とかいろんな部署にいますよ。そういうことができる能力を見極めて採用しているんです。

芸人は芸がないと生き残れない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
テレビプロデューサー・菅賢治インタビュー

菅賢治

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』『恋のから騒ぎ』『踊るさんま御殿』などで知られる名物プロデューサー・菅賢治さんをインタビューしました。今年3月に26年務めた日本テレビを退職し、退職後初めての書籍『笑う仕事術』を上梓した菅さ...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

sepgurl 前の記事だけど、ガースーさんすごい。 なんのためにメディアの仕事をしているのかと言ったら、戦争をするような国にしないため。 2年以上前 replyretweetfavorite

trainer_sapporo 難しい環境下での制作。次の一手に期待していいのかな。 2年以上前 replyretweetfavorite

i_n_m_16 もう、このタイトルにつきるよ。わかってながら、笑いを突き進んでいる。 4年弱前 replyretweetfavorite

_Izu テレビ報道の唯一の役割は「必要な情報を正確に伝えること」だと思います。 4年弱前 replyretweetfavorite