香港で48時間みっちり食べ歩き(準備編)

2泊3日で香港に行ってきたSumally代表・山本憲資さん。そんな強行スケジュールでも山本さんにとって外せないのはもちろん「食」。今回は、強行香港ツアーの準備編として、山本さんの組み立てた食べ歩きのプランニングの様子をご紹介。例え予約が取れない三ツ星レストランでも、熱意と諦めない心と日頃の行いが良ければ、なんとか割り込むことができるかも?

粘り腰でミシュラン三ツ星中華を予約

先日、サザビーズの香港で開催される大きなオークションのレセプションが開催されるということで、金曜日の朝に羽田発、日曜日の夕方には成田着というかなりの駆け足スケジュールで香港に行ってきた。前に行ったのはたしか2008年で約6年ぶりになる。短い期間ながら、せっかく行くのであれば美味しい食にありつかねばならぬ、と使命感に駆られ、レストランをリサーチ。事前のリサーチで、どうしても行きたいと思って最優先で予約したのは、ミシュラン三ツ星を獲得しているフォーシーズンズホテル内の中華ダイニング「龍景軒(ロン・キン・ヒン)」。香港で三ツ星を獲得している中華は2軒あって、うちの1軒だ。クラシックながら古臭くなく、シンプルで洗練された味付けと聞きつけぜひトライしてみたいとなった次第。

そして実際に行くのが決まったが割合ぎりぎりだったので、アレンジをはじめたのが結局出発の週のはじめあたり。龍景軒の予約をメールでホテルに問い合わせてみても一ヶ月先まで満席と言われたのだが、入り口に近い席でもいいからなんとか、とか、フォーシーズンズに泊まったらとれるの?とかしつこく問い合わせているうちに、向こうも対応に疲れたのか金曜の夜に席が取れたよとメールをくれた。ちなみにフォーシーズンズには結局泊まっていない……。アメックスのコンシェルジュにも予約をお願いしてみたものの、電話がつながらない、と言われるほど予約がとれない店として知られているみたいなのだけれど、はてさてなんとかうまくとれたのは日頃の行いがよかったのだろうか。

そしてもう一夜、土曜の夜は、もうひとつの旅のターゲット、この季節といえば上海蟹(メス)。どのお店にしようかと悩んでいたところ、サザビーズに勤める友人も合流する予定になり、香港一のアートコレクターの大富豪が、会員制の「上海總會」(日本でいうアメリカンクラブみたいなところで、香港にいる上海人の集いの場になっている)というお店を予約してくれた。その2軒は事前に予約完了、わくわくに胸を踊らせ出発の日を待った。

さらに一ツ星レストランを2つ抑える
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

l11a メモメモ 約5年前 replyretweetfavorite