お金がない世界」の足音

社会的な「立場」や「肩書」が影響力を持たなくなる“評価経済”の生き残り戦略としては「かわいげ」が重要である、という岡田さん。その“評価経済”とはいったいどういうことなのか、身近な例でもう少し詳しく解説します。そして、そのなかで生まれる新しい”格差”とは? 好評発売中ののPHP新書『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』(岡田斗司夫 FREEex著)の一部を公開いたします!

成功=金儲けではなくなった?

 先日、「エコノミスト」という雑誌の記者が「評価経済について教えてください」と、やってきました。
 経済畑の人間でもなんでもない僕に、経済専門誌がなぜ取材に来たのかと尋ねたところ、「若いキーマンにインタビューをすると、必ず『評価経済』というキーワードが出てきて、岡田斗司夫の名前があがる」と言うのです。
 「エコノミスト」は長年、頭がよくて元気なビジネスマンをメインに取材をしている雑誌です。十年くらい前までは、お金儲けに熱心な若い起業家がたくさん登場していました。こういうふうにビジネスモデルをつくるんです、とか、こうやって史上最年少で上場しました、とか、お金にまつわるサクセスストーリーが記事のほとんどでした。
 そして、彼らこそが「不況に負けない元気な若者」の象徴として扱われていました。
 ところが、ここ最近、世間で「革新的」と言われる若者に話を聞くと、みんなが判を押したように、「いや、大事なのはお金じゃないんです」と言い出すようなのです。さらに掘り下げてみると、岡田斗司夫が言いはじめた「評価経済」の流れに影響を受けているらしい。
 と、ここまでなら、若い人たちのなかだけでの流行や一時的なブームである可能性もあります。
 ところが、ほぼ同時期に「東洋経済」という経済誌も取材にやってきました。
 経済誌の記者とは、今後の経済発展や景気の回復に関して、あちこちに広いアンテナと人脈を張っている人種。その彼らが、最近はマネー経済とは違う原理によるムーブメントが起きているぞ、とキャッチして、注目せざるをえなくなっている。
 「お金ではないもの」が動き出している、とまでは気がついたけれども、表面的には変化がとらえにくい。
 そこで、その正体を知るために、「どうやら岡田斗司夫が評価経済の総本山であるらしい」と話を聞きにやってくるようなのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない

岡田斗司夫

就活や会社生活に疲れきったすべての日本人に贈る1冊。 就職や仕事の問題に悩んでいるみなさん、「仕事サーファー」「愛されニート」という生き方を選んでみるのはどうですか? 「評価経済社会」の到来を予言した稀代の評論家・岡田斗司夫氏...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

oohamanmatu これ、わかります。 4年弱前 replyretweetfavorite

winstories #ライフハック #lifehack 4年弱前 replyretweetfavorite

dubbedpachi すごく丁寧に分かりやすく説明を積み重ねてきたのに、急にここで一足飛びになっちゃってもったいない気がしちゃう。 | 『 4年弱前 replyretweetfavorite

QuadstormFerret あまりにも無責任な極論だと思う。物々交換よりも紙幣経済の方がずっと効率的なのに。時代が逆戻りするのか? 4年弱前 replyretweetfavorite