お金は動かなくても経済はまわる

「だれかからもらう」といった“関係性の取引”のほうが、お金での取引よりも豊かである――。他者とのかかわりあいのなかで生きていくことを大切にした結果、いま岡田さんは「五〇種類の仕事をしている」といいます。そして、この働き方のほうが「好きなことをのびのびできる」と。改めて「仕事」について一緒に考えてみましょう。PHP新書『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』(岡田斗司夫 FREEex著)の一部を、特別公開いたします!

正社員も結婚も欲しいのはその「立場」

 お金にならない仕事を含めて、僕が五〇もの仕事をしているのは、いったいどうしてか。
 端的にいえば、目先の稼ぎよりも他者から感謝され評価されることのほうに、ずっと価値があると考えているからです。
 評価を集めて、その評価の使い道を考えること。
 これがいま、貨幣経済に取って代わろうとしている「評価経済」です。

 本書『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』の第1章で詳しく述べていますが、ネットという黒船によるハイパー情報化社会がやってきて、ごく少数は儲かるけど大多数の人は職を失う時代になりました。リアルマネーによる貨幣経済は徐々に縮小して、評価経済が拡大しています。
 幕末と同じように、多くの人が黒船の来航を恐れています。就職できないことや職を失うこと、お金を稼げなくなることに加えて、理由はもう一つあります。
 それが「立場を得られなくなる」ということです。

 「派遣社員よりも正社員のほうが有利」だとか「派遣社員は生涯年収が低い」だとかは、世間的によく言われる話です。ただ、こうした有利さや年収の違いが、この話題の本質ではありません。
 ほんとうは、だれもが「正社員という立場・ ・」にこだわっているんです。
「結婚したらリア充」(「リアルが充実している」という意味)だと言われるのも同様で、人は「結婚している」という立場・ ・を欲しがります。
結婚することで、「だれかから求められている私」「安定した生活のもとで暮らしている私」という立場を、世間から認められたい。「○○さんの旦那さん」「○○さんの奥さん」と呼ばれることで、「ただの自分」にある程度、社会的信用という名の保険をかけることができます。

 江戸から明治に時代が変わったときにも、維新が起きて士農工商という身分制度がなくなりました。ところが、坂本龍馬が身分のない世界のすばらしさと自由さ、ダイナミックな将来性をいくら語っても、当時の人々はまったく歓迎しませんでした。それどころか、大反発です。
 「身分のない社会が来たらいいな」なんて思っていた人は、ほとんどいなかったんですね。
 たとえ下級でも武士であることは当時の彼らにとっては誇りだったし、商人や農民も「好きに暮らしていいよ」と言われても実際のところは困るだけでした。
 身分がなくなる=自由を満喫できる、ではない。
 当時の人々にとっては、身分がなくなる=何を信じていいのかわからなくなる、だったのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない

岡田斗司夫

就活や会社生活に疲れきったすべての日本人に贈る1冊。 就職や仕事の問題に悩んでいるみなさん、「仕事サーファー」「愛されニート」という生き方を選んでみるのはどうですか? 「評価経済社会」の到来を予言した稀代の評論家・岡田斗司夫氏...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

machidesuyo なによ、欲しがってもいいじゃない! ⇒人は「結婚している」という立場を欲しがります。 結婚することで、「だれかから求められている私」「安定した生活のもとで暮らしている私」という立場を、世間から認められたい。 https://t.co/LUHdhpPUZ9 4年弱前 replyretweetfavorite

yoro_akeminmin 結婚、就職は社会的信用という名の保障、同感 4年弱前 replyretweetfavorite

yamada_kazuo ケイクス、岡田へ 助言の押し売りは必要ない。迷惑な記事をいくら作っても、嫌われる努力 迷惑なビジネスは止めなさい!  https://t.co/XJQP7HlABe 4年弱前 replyretweetfavorite

OsamubinLaden オタキング顎なくなってきてるじゃん  4年弱前 replyretweetfavorite