第5回】もう「国家の解体」は始まっている

テクノロジーによって、通貨すら国の枠組みから解放されつつある現代。さらに、警察や軍隊すらも国家から離すことも可能だと、堀江貴文さんはいいます。その方法とは?
 田原総一朗さんと堀江貴文さんが「バラ色の国家解体論」を語る『もう国家はいらない』から内容の一部を紹介していきます。

国家の通貨発行権はすでに民営化されつつある

田原総一朗(以下、田原) では、徴税の民営化は?

堀江貴文(以下、堀江) これはもう、国家の民営化の最終的な局面になるわけです。しかし、今すでに、通貨発行権とか徴税権は国家機能から解放されつつあるんですよ。

田原 なんですって? いったい、何が国家から通貨発行や徴税という、重要な機能を奪おうとしているのですか?

堀江 たとえば、ビットコインなんかもそのひとつです。

田原 ああ、ビットコインの話は、最近よく聞きますよ。社会革命だと言っている人もたしかにいますが、実は僕にはビットコインというものがさっぱりわからない。どこがそんなにすごいのですか?

堀江 ビットコインは、仮想通貨とか暗号通貨と言われるものです。その大きな特徴は、日本でいえば日銀のような中央銀行の存在がないということです。

田原 では、ビットコインは誰によって管理されているんですか?

堀江 ビットコインの発行や取引は、すべてピアツーピア(P2P)という対等な関係にある者たちのネットワーク上で行われています。そこにあるのは、「ブロックチェーン」というしくみなんです。

田原 ブロックチェーン。これが大切なしくみなんですね。

堀江 (ノートパソコンの画面を見せながら)これはビットコインの全取引台帳で、その管理方法が画期的なんです。つまり、ビットコインの全てのやり取りが書かれた台帳が「ノード」といわれるネットワーク上の場所に保存されていて、関係者が取引履歴を共有しているんですよ。

田原 みんなが取引台帳を共有しているというのが、ビットコインの特徴なんだ。そして、こういう管理者のいないシステムをピアツーピアということですか。

堀江 そうです。ブロックチェーンによって取引の結果を利用者のみんなで共有することによって、銀行や国家のような中央の認証機関が必要ないということになっているんです。

田原 でも、不正を働く人もいるでしょ。ハッカーとか。

堀江 もちろん、不正を防ぐための検証システムも、合理的につくられています。これはややこしいのであとで説明しましょう。

田原 で、その検証システムをみんなで見ていることができるから、円やドルのようにビットコインも信頼ができるということになるんですか?

堀江 ええ。通貨というのは、そもそも共同幻想であって、みんなが信じているから安全なんですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
バラ色の国家解体論—もう国家はいらない

田原総一朗 /堀江貴文

政府も警察も銀行もムダなもの? 個人資産が国家予算を凌駕し、テクノロジーの進歩が国境をとかしている昨今。世界が変わった今、新しいビジネスチャンスが生まれています。仮想通貨による情報のフラット化と活性化、シェアの発想が生む衣食住の共有、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Kawauso0124 この二人の対談はいつも内容が濃い。格差に関して田原さんがうまくバランス取ってるのもナイス 3年弱前 replyretweetfavorite

hideki_hayashi 解体してるとは思わないけど、国家ってのがつまらないのはそうなんですよ。 → 3年以上前 replyretweetfavorite

yhinago 全てには賛同出来ないけど面白い。 3年以上前 replyretweetfavorite

masakidesu27 「国がなくなれば日本は良くなる 薔薇色の国家解体論」 https://t.co/psmNDIzokI 日本は州とかになるのか?日本それでいいのか? 平和ボケですわ 3年以上前 replyretweetfavorite