自分の好きな人に対して劣等感をいだいたら?

自分よりも素敵な人を好きになったとき、どこか相手を「上」に見てしまい、劣等感を感じてしまうことはありませんか? 今回牧村朝子さんがお答えするのは、「年上の彼女に支えてもらってばかりの自分に対して、焦りを感じてしまう」というお悩み。実は牧村さんも、初恋の相手に対する劣等感にしばらくさいなまれていた時期があったのだそうです。そうした「上下意識」を取り払うにはどうしたらいいのでしょうか。

※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

「返信遅れてすいません」って、一体今までの人生で何回書いてきたのかしら。

この言葉を書くたびにわたしは、児童文学作品『はてしない物語」に出てくる、ある生き物のことを思い出します。

名前も姿も忘れてしまったのですが、その生き物の特徴は、とてものろいということ。話しかけても返事がない。なのに時折、いきなり変なことを言い出す。だからみんなに変なやつだと思われている。

しかし実はその生き物は、何か話しかけられたら、それに対する返事を幾日も深く深く考え続けているのです。時間をかけてやっと見つけた言葉をその人に返す。でも結果として幾日も経ってしまっているので、その人は何に対して返事をされたのかわからないというわけです。

現実社会ではなかなかそういうふうにはいきませんが、わたしも、この連載については大事に書きたいと考えこむあまり、お時間をいただいています。いただいたご投稿はしっかり拝読しておりますので、ご容赦ください。こちらのご投稿も3か月前のものですが、ご紹介させていただきますね。

まきむぅさん、いつも連載を楽しみにしています。
質問者に寄り添って解決策を提案する姿勢に温かみを感じ、素敵です。「片思いの悩みを軽くするには?」はグッと来るものがありました。未来ノート、さっそく付け始めました。
私(♀)も年上の女性に片思いしています。

彼女に一目惚れして、もうすぐ5年になります。私は専門職を目指して修行中の身、同業の大先輩である彼女は、わたしを妹のように可愛がり面倒をみてくれています。

想いを告げるのはせめて一人前になってから、そして一日も早く自立するぞ! 彼女のような誇りをもった専門家になりたい! というのが今の私のモチベーションです。

でも、ふと思うんです。

どんなに頑張って全速力で走っても、年齢差を埋めることは物理的にできない。早く大人になって彼女を支えたい(今の私は支えてもらってばかりです。)のに、どうしたら追いつけるのだろう、気持ちばかり焦り感傷的になります。

森ガさんとまきむぅさんの年齢差は存じませんが、年齢だけでなく相手との「差」に焦ったりすることはありませんか? そういうとき、どうされていますか? アドバイスいただけるとうれしいです。よろしくお願いします。(PN.しろあんさんより)
※ご投稿を一部編集の上、全文掲載させていただきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

cestlarbre あいかわらず痛快だなあ。あたしも、キルケゴールの話にうおお、すごい!地味!かっけー!と思ってた。 約3年前 replyretweetfavorite

ksanada 色んな状況により「下から見上げるのが習いになる」人もいるが、謙虚と自己卑下は間違いなく別物よな 約3年前 replyretweetfavorite

mudlotus なんだろうな、本当になんだろうな。 約3年前 replyretweetfavorite

sugimotoayaBOT >彩さんは、『自分より上の人』に恋をしてしまったらどうしますか?」 >わたしがおずおずとそう質問すると、彩さんはこう答えました。 >「人を『上』とか『下』で考えたことがない」 ▼より https://t.co/XYLazOjMsy 約3年前 replyretweetfavorite