ふつうの彼氏はどこにもいない。

インターネットが引き起こした男性の草食化と、その結果としての非モテ男性の激増。しかし、ネットが引き起こした問題は、それだけではなかった。ネットは、女性が男性を見る評価基準も歪ませているのだった。いったい現代の女性たちは、男性にどの程度のカオとカネを期待しているのか?
メルマガ「週刊金融日記」で「恋愛工学」を展開し、さらに小説「ぼくは愛を証明しようと思う。」をケイクスで連載中の藤沢数希さん。進化生物学や心理学など、科学的な視点で恋愛を分析する藤沢さんに、現代の恋愛市場の抱える問題やモテのメカニズムをお聞きしました。

フツメンの基準はSMAPの……!?

藤沢数希(以下、藤沢) 前回は、主に男性サイドの問題を説明したのですが、今度は女性サイドのほうから見てみましょう。この図の大事なところは、男女ともに、モテと非モテの境界線に、強烈な上昇圧力がかかっていることなのですが、そのことを理解するために、現代の女性たちが男性をどう評価するようになったのか、というのを知る必要があります。

※写真クリックで拡大

— そうですね。

藤沢 ところで、女の人って、よく「ふつう」の彼氏が欲しい、と言いますよね。あるいは、ふつうの人と結婚して幸せな家庭を作りたい、と。

— はい、よく聞きます。

藤沢 たとえば、ルックスに関しては、どうしてもイケメンじゃないと嫌だ、という女性はかなり少数派で、やはりフツメンでいい、と言います。では、いったい「ふつう」って何だろう、と思いました。そこで、僕は地道なリサーチをはじめたのです。

— どのようなリサーチですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
IT革命と恋愛市場の変相—藤沢数希インタビュー

藤沢数希

非モテ男子・結婚できない女性の増加の真相、科学が解き明かすモテのメカニズムとは……。 メルマガ「週刊金融日記」で科学や金融工学の知見をもとにした「恋愛工学」を展開し、多くの読者から支持を得ている藤沢数希さん。現在、小説「ぼくは愛を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yahoaho7 https://t.co/SyxAH4Hiwz なんつーグラフ(笑) 1年以上前 replyretweetfavorite

ora109pon7 https://t.co/mlEmL3ECXK 2年以上前 replyretweetfavorite

Fujisawa_bot これ、村上春樹の小説を読んで得る違和感を説明してくれる。かなり地味めであろう主人公が自然に女性と寝れる。・・・ 3年以上前 replyretweetfavorite

Fujisawa_bot これ、村上春樹の小説を読んで得る違和感を説明してくれる。かなり地味めであろう主人公が自然に女性と寝れる。・・・ 3年以上前 replyretweetfavorite