高野山の名宝」—地上に降り立った仏たち

「弘法も筆のあやまり」で有名な弘法大師こと空海がひらいた高野山。現在、東京・サントリー美術館には高野山の寺院におさめられていた仏教美術の数々が一堂に介しています。《諸尊仏龕》や《両界曼荼羅図》など、名前だけではわからないかもしれませんが、実物を見ればきっと記憶の片隅に残っているはず。写真で見ても迫力のあった国宝たちを間近に見られる機会、ぜひお見逃しなく。

歴史の授業で習ったものごとがそのまま目の前で展開されている—。それはなかなかワクワクする体験ですよ。東京六本木、サントリー美術館で始まった「高野山の名宝」は、歴史の只中に身を投じたような気分が味わえる展覧会です。

高野山といえば、日本仏教における聖地のひとつ。和歌山県の東北部にある山々の総称です。平安時代、弘法大師空海が開いた金剛峯寺を総本山として117の寺が集まり、山上の宗教都市をつくりだしております。周囲から隔絶された一帯は、まさに浮世離れした雰囲気を漂わせているのですよ。

その地に伝わり、大事にされてきた仏教美術の数々を、ごっそり東京へと運んで来て見せてくれるのが同展です。照明を最小限にした会場は、宗教的な神秘性に満ちて、ピンと張りつめた空気に支配されています。自然と敬虔な気持ちにさせられますよ。

足を踏み入れてさいしょに目に入るのは、弘法大師をかたどった坐像と、空海自身の手になる書です。稀代の名筆家としても名を残す空海ですからね、さすが見事にバランスがとれて、なおかつ書き手の気がしっかり込められた書だと見受けられますよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moriyumi0721 これは行きたい、、!→ 3年以上前 replyretweetfavorite