楽しい毎日のつくりかた

ブームの兆し「マインドフルネス」でストレス軽減&創造性アップ

「毎日をより良く、より楽しく過ごすためのワザ=ライフハック」を紹介するメディア、ライフハッカー[日本版]の記事より、仕事や暮らしに役立つ情報をまとめてお届けしている本連載。今回は「マインドフルネス」について取り上げます。

こんにちは、ライフハッカー[日本版]編集部です。前回の記事では「秋の行楽、お供に変わり種おにぎりはいかが?」をお届けしました。サクッと作れてボリュームもあるおにぎりと、デートに持っていけば楽しい会話が一花咲く“ソムリエ直伝”おにぎりのレシピを紹介しています。

さて、今回のテーマは「マインドフルネス」。先日も日経ビジネスアソシエが主催となり、この分野の先導者でもあるマサチューセッツ医科大学名誉教授のジョン・カバット・ジン博士を招き、セミナーを行うニュースが一部で話題となっていました。日本のビジネスパーソンからも熱い注目を集めはじめたマインドフルネス。その正体と効果に迫っていきます。

マインドフルネスとは何か?

マインドフルネスにはたくさんの類義語があり、自覚、気づき、集中、覚醒などとも言い換えられま。では反対語はというと、単にマインドレスネス(思慮のないこと)だけではなく、注意散漫、ぼんやり、集中力の欠如なども当てはまります。

マインドフルネスという言葉は、行為を指して使われることもあれば、精神状態を指す場合もあります(適切な言葉がほかにないのです)。例えば、集中力を研ぎすます脳のトレーニングとして、マインドフルネス瞑想という「行為」があります。これには大抵の場合、いつもより呼吸を意識するという方法をとります。こうして鍛えた脳は、瞑想後も長い間、自分のまわりで起こっていることに、意識を完全に集中できている状態(=マインドフルネスな状態)でいられるようになります。

前述のジョン・カバットジン博士は上の動画で、マインドフルネスを「今という瞬間に、余計な判断を加えず、(中略)自分の人生がかかっているかのように真剣に、意識して注意を向けること」と定義しています。シンプルな定義だと思うかもしれませんが、現代の混沌とした世界では、何かに100%没頭することなど容易ではありません。

マインドフルネスの効能とは?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ライフハッカー[日本版]

この連載について

初回を読む
楽しい毎日のつくりかた

ライフハッカー[日本版]編集部

生活術や仕事術など「ライフハック」に関する情報を日々お届けしているブログメディア「ライフハッカー[日本版]」の記事より、仕事や暮らしに役立つ情報をテーマごとにまとめて紹介していきます。(隔週土曜日更新) ライフハッカー[日本版]

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

t_j_m_g_e https://t.co/MrUQuBFs4d 4年弱前 replyretweetfavorite

taurus0SZ0 『』 https://t.co/1fvOgSJkjC 約4年前 replyretweetfavorite

arudiya 瞑想と言わずにマインドフルネスというのがオシャレかも http://t.co/bfmj7zdYzN 約4年前 replyretweetfavorite

wingnagano https://t.co/WV6ofoaYnG 約4年前 replyretweetfavorite