第22回】ワイン脱税?(節税&投資術 ②)

一般の人は想像だにしない節税方法や意外な投資で高利回りを享受しているキャッシュリッチ層も少なくない。彼らがひそかに行っている究極の節税・投資術、その最新ウラ事情を紹介する。シリーズ2回目はワイン投資。


プリムールを青田買い
一部でオフショア活用

 ワイン投資はブームというほどには至っていないが、「感度の高いプチ富裕層は、情報だけでも集めようと話を聞きに来る人も多い」と事情に詳しい資産家は語る。

 本来のワイン投資は、ワインがボトルに詰められるより前の段階でプリムール(新酒ワイン)を青田買いして、ワインセラーで何年か寝かせている間に、価格が上がれば売り、上がらなければ自ら消費する、というものであり、「ワインを楽しみながら投資にもなる」ものだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本に押し寄せる世界の富裕層マネー

週刊ダイヤモンド

米国、中国、欧州、シンガポール、香港、台湾、マレーシア……。世界中の富裕層マネーが日本に押し寄せている。彼らはこの日本でいったい何を買っているのか。日本人は長過ぎたデフレのせいで気づけていないだけなのかもしれない。実はこの島国にこそ宝...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません