ケータイ小説のその後と、男性不在の地方社会

ライターの藤谷千明さんに、地方で起きている新しい現象についてご寄稿いただきました。都市部よりも地方でブレイクしたケータイ小説に、ここ数年ある変化が起きています。まるで、地方社会の姿を反映するかのように起きているその現象とは、いったいなんなんでしょうか?

ケータイ小説、その後

恋空〈上〉―切ナイ恋物語
恋空〈上〉―切ナイ恋物語

数年前に『恋空』がヒットし社会現象にまでなったケータイ小説。ブームが収束して以降、その存在を見かけることは少なくなりました。とくに都心の書店では、棚を見つけるのも一苦労です。しかし存在自体がなくなったわけではなく、"ティーンズラブ"という若い女子に向けたライトなエロラブコメにシフトチェンジし、地味に定着しているようです。ちなみに携帯小説の老舗スターツ出版や、魔法のiらんどを買収したアスキーメディアワークスだけではなく、あの集英社もこのジャンルに参入していることが人気の証明になるのではないでしょうか。

そして現在のケータイ小説を語る上でかかせないのが、全国の学校で草の根的に広まっている「朝の読書運動」通称「朝読」。この運動の広まりで、最近では学校の図書室に置いても不自然ではない、「品行方正」なケータイ小説も生まれています。例えば、スターツ出版が毎日新聞と共同で開催している「日本ケータイ小説大賞」の第六回受賞作品『あの夏を生きた君へ』(スターツ出版)は、文体はケータイ小説のそれですが、いじめによる不登校や戦争を題材にしています。

あの夏を生きた君へ
あの夏を生きた君へ

一方でコミック化や映画化などメディアミックスでもヒットを飛ばしている『王様ゲーム』(双葉社)のようなホラー・サスペンス小説も一定の需要があるようです。

王様ゲーム
王様ゲーム

しかしながら、『恋空』的というか『ケータイ小説的。』(速水健朗・原書房)な実話ベースのケータイ小説も消滅したわけではありません。相変わらず十代の妊娠や悲恋的な内容も多く、そして『恋空』の読者層が年齢を重ねたせいか、嫁と姑のバトル小説や浮気相手に復讐する小説のような、コンビニの主婦向け漫画雑誌にありそうなコンテンツがココ数年人気のようです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ここではない、どこかの文化時評

藤谷千明

ポップカルチャーに造詣が深いライター・藤谷千明さんによるカルチャー時評。実はあまり知られていないところで起きている大きな文化的潮流に焦点を当て、なぜ今こんなことが起きているのか、それがいかに面白いことなのかを藤谷さんが解説します。

関連記事

関連キーワード