猛毒—フグ VS トリカブト

漢方の薬には、本来ほんのわずかな量を口にしただけでも、死に至る猛毒がたくさん存在します。しかし、それらは加工を施せば安全な薬として用いることができるのだとか。今回は、なかでも猛毒としての認知度が高い「トリカブト」を取り上げます。トリカブトとフグの毒の意外な関係とは? 過去に実際に起こったトリカブト殺人事件の謎を解き明かしながら、世にも不思議な漢方の世界へご案内いたします。

服用前の注意「絶対にマネをしないで下さい」

おもしろ毒舌芸人を二人呼ぶと、ひとりの時よりもおもしろくなるでしょうか?

毒と毒がトンデモない化学反応を起こして、抱腹絶倒のオモシロ空間が広がるかもしれませんが、ヘタをすると、ひとりの時よりもツマラなくなるかもしれません。

今回は、そんなお話です。

毒にも薬にもなる

漢方薬の中には、蟾酥せんそ砒霜ひそう馬銭子まちんし曼陀羅まんだらなどわずかな量を口にしただけで死んでしまう猛毒がたくさんあります。それが不思議なことに使いようによっては薬になるのです。 そういう生薬の中で有名なのは、日本ではトリカブト。薬としては、附子ブシとも烏頭ウズとも言います。 白戸三平の漫画で忍者が使う毒がウズです。

白土三平選集 1 サスケ 1 (白土三平選集 新装版 1)
『白土三平選集 1 サスケ 1』

風上に立った忍者はウズの粉を撒き、風下に立った敵を倒します。忍者同士の戦いでは、風下に立ったら負けなのです。僕が子供の頃は、テレビで「カムイ」のアニメを放送していたので、この忍者の基本的な心得は常識でした。

事実、トリカブトの毒は非常に強力で、体重1kg当たりの半数致死量は5mg程度(資料によっては1.5mgというものもある)といわれており、これはトリカブトの毒が青酸カリと同程度の強力な毒であることを示します。

にもかかわらず、トリカブトは現在でも多用されている生薬です。こんなに危険なものを使っても大丈夫なのかと不安になるかもしれませんが、ぜんぜん問題ないのです。その理由は、記事の最後にあるコラムをご覧下さい。

トリカブト殺人事件

1986年5月、石垣島のホテルで、2月に結婚したばかりの女性が死亡しました。死因は急性心筋梗塞。33歳という若さでした。

ところが、その女性には1億8千万円以上の生命保険がかけられていました。保険金の受取人は夫でした。しかもこの夫、結婚は3回目で、以前の奥さんはふたりとも心臓の病気で亡くなっていました。

これだけ揃えば、いかにも保険金目当ての殺人という感じがします。

死亡した女性の友達も保険金殺人に違いないと考え、保険会社などに働きかけました。警察も動き出し、死因を探るための再検査が行われると、案の定、保存されていた女性の血液からトリカブトの毒が検出されたのです。

それだけではありません。夫にトリカブトを販売したという証人まで現れました。トリカブトの花は観賞に耐える美しいものなので、売っているんですね。ちなみに花言葉は、美しい輝き、厭世家、人嫌い、復讐など、たくさんあります。


猛毒のトリカブトの花

夫が保険金目当てで奥さんにトリカブトを飲ませて殺した。

これで決まりだと思われましたが、大きな謎が残りました。

夫は奥さんが死亡するおよそ2時間前に、奥さんと別行動になり、その後のアリバイがありました。

当時の状況から考えると、夫が奥さんに毒を飲ませたとすると、奥さんと別行動になる前、つまり死亡の2時間以上前ということになります。ところがトリカブトの毒には即効性があるので、毒を飲ませた後に2時間も経ってから死亡することはありえないのです。

長時間経ってから溶けるカプセルを使った?

それも違いました。カプセルは二重にして使っても、せいぜい数十分しかもたないのです。

状況証拠はギルティーを宣告していますが、物理的に殺人は不可能。

果たして夫は無罪なのでしょうか?

フグはブシを相悪む?

中国の古い書物に「亦悪烏頭、附子之属(またフグは、ウズ、ブシの仲間を悪む)」という記録があります。

悪むは「にくむ」と読む漢方用語です。にくむって、何でしょう?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
申し訳ないほどおもしろいサブカル漢方大全

村上文崇

近年、すっかりメジャーな療法として知られるようになった漢方。生理痛や不眠症など、さまざまな症状に効く伝統的な東洋医学として認知されています。けれど漢方には、知られざるもう一つの顔があるそうで……。養生医学研究協会の会長にして、上海で現...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

medamayaki3051 @nuclearunagiiu @makotomakoto1 @mr_malaprop_jr @ichiyan2 @ginzanico あ、なんかhttps://t.co/3Kno4d5Cj6 こんなのが 3年以上前 replyretweetfavorite

Leukosaphir " トリカブトの毒をフグ毒が抑制するって、こういうのを見つけたのがすごい。膨大なるトライアルアンドエラーの蓄積…… 約4年前 replyretweetfavorite

medollymedolly フグ VS トリカブト| 約4年前 replyretweetfavorite