中華激戦区、六本木〜赤坂から最近よかったカジュアルな二店

Sumally代表・山本憲資さんが今回オススメするのは、六本木から赤坂あたりの中華料理激戦区の中からカジュアルな2軒のお店。どちらもWEB上ではそれほど高い評価を受けているわけではありませんが、それでも食通の山本さんを満足させる魅力にあふれたお店でした。

食べログじゃなかなかわからない穴場中華

六本木ミッドタウンから赤坂にかけてのエリア、「Wakiya」、「孫」、「中国飯店」、「赤坂璃宮」と中華の名店が並ぶ激戦区となっている。先の名店よりはカジュアルで、でも充分に美味な二店を今回は紹介したいと思う。1軒目は「52(GONI)」。食べログの評価も3.00点と決して高いとはいえないのだが、これがいい店だった。しかも営業時間が朝の5時まで。さらに、この店の近所に住む友人が東京カレンダーか何かに掲載されているのを見て行ってみたら、カジュアルでリーズナブルで旨かったというので、こんなに使い勝手のいい店があったのかと驚く。そしてこの日はその友人主催の女子会にジョインするという若干説明しづらいシチュエーションだったのだが、おそらく52になるのではないかと思っていたら予想通りの展開であった。

注文したのは定番のよだれ鶏、空芯菜、餃子など定番メニューの数々。ビール、紹興酒にあわせて旨いです。最近発売された食通で知られるアンジャッシュの渡部健さんのグルメ本『芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒』(文藝春秋)にも掲載されているようで、ますます人気が出るのは時間の問題か。このエリアで軽く食べて飲んで遅い時間も対応してくれてひとり5000円以内というのはなかなか他に選択肢がない。すぐ近所のとんかつ屋「イマカツ」も昔は深夜営業していたが、今は普通の時間帯に変わってしまった。ここんちのとんかつ、すごく美味しくてよく食べている。

自分だけがその魅力を知っている気がする優越感
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

umekida 知らなかった。行ってみよう。 4年弱前 replyretweetfavorite