新訳 世界恋愛詩集

落ち葉みたいに、ばかやろうだね」ヴェルレーヌ

「図書館や本屋の片隅で埃をかぶっている詩集たち。その中に、ちいさな宝石を見つけ出すように」――「詩人天気予報」などで話題の詩人・菅原敏さんが、古今東西の詩人の作品に新訳という名のオマージュを捧げる連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。
第四回は19世紀末フランス、デカダンスを体現し破滅的な生涯を送った詩人、ヴェルレーヌ。1905年、上田敏による訳詩集『海潮音』に収められ、広く知られることとなった本詩が、どのように生まれ変わるのでしょうか。


泣き止まないで バイオリン



こころしのびこむ 音符たち

忘れていた 傷のこと

おもいだす 俺

ばかやろうだね


過ぎさった日々 打ち鳴らせ

死んでいった 時間たち

息が切れる ほどの後悔

なみだのつぶは

ただの水だね


吹くにまかせて ふらふらと

いくあてのない 夜の街

落ち葉みたいに うらおもて

ながされて 俺

ばかやろうだね


「落ち葉みたいに、ばかやろうだね」

ポール・ヴェルレーヌ(1844-1896)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sugawara_bin 【日曜夜、詩をひとつ】 『落ち葉みたいに、ばかやろうだね』 1905年に上田敏が翻訳したヴェルレーヌの作品。 2014年に菅原敏が超訳すると https://t.co/UAlSx24h7x 菅原敏×久保田沙耶「 4年弱前 replyretweetfavorite

sugawara_bin 上田敏と菅原敏 上田敏→菅原敏 https://t.co/8TU7aZysdf” 4年弱前 replyretweetfavorite

sugawara_bin 甘切なく、嬉しいな。 4年弱前 replyretweetfavorite

nishiaratter いい。ほんと、いい。→ 4年弱前 replyretweetfavorite