錦織圭だもの。みつを。

今回の「ワダアキ考」は、先日の全米オープンテニスで、アジア人として初めて決勝の舞台に立った錦織圭を取り上げます。惜しくも優勝は逃しましたが、試合後の錦織のインタビューを「気持ちいい」と感じたという武田砂鉄さんはなぜそう思ったのでしょうか。そして、錦織が教えを請うたことがある松岡修造との比較から、錦織の「気持ちよさ」を考えます。

うちの子も真央ちゃんみたいに

ショートプログラムでの失敗をフリーの演技で巻き返した浅田真央に感動して、娘をフィギュアスケートの教室へ通わせる親が急増したというニュースを思い出す。「急増」というより「急造」のニュースという気もしたが、あの手の親の即断は一体どういう心持ちによるものなのだろうか。試しに周囲に問いかけ「子どもができれば分かるよ」という返事をもらってはいるものの、子どもができていないから分からないままなのである。どこからともなく放たれる「30歳になればラクになるよ」と同じようなもので、これは回答ではない。もしも「うちの子も真央ちゃんみたいに」という純朴さがスケートリンク内に満ち溢れているのだとしたら、リンク外からは「真央ちゃんみたいにはなれないよ」と純朴に反応してみるしかない。どちらも純朴な気持ちではあるが、拮抗させてみると、こちらの純朴さはなんて建設的なんだろうと思う。

卒業文集と現在をリンクさせちゃう問題

卒業文集に本田圭佑が「ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。レギュラーになって10番で活躍します」と書き、錦織圭が「夢は世界チャンピオンになること。夢に向かって一歩一歩がんばっていく」と書いていた事実がみんな大好きだが、親から「同い年の子がこんなにがんばっているのに、どうしてあんたは」とテレビに映る高校野球児をダシに素行を突つかれ、4時から始まる「あぶない刑事」の再放送まで2階の部屋に閉じこもることしかできなかった身としては、卒業文集の夢を実現したことを褒め讃える働きかけがとにかく苦手。フィギュア教室に申込が殺到するのと、卒業文集まで遡りたがるのは同じライン上にある。つまり、「この頃から目指していた」を作り上げたいから、まずは「この頃から目指していた」の具体例を欲するのである。

「スポンサー各社に感謝します」とだけ言える快活さ
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hdksj 武田砂鉄という人のcakesのコラムが毎度とてもおもしろい。今回は 4年弱前 replyretweetfavorite

yamadanoima 「スポンサー各社に感謝します」カッコいい圭!〉 4年弱前 replyretweetfavorite