HOUXO QUE(美術家)→松村宗亮(茶道家)Vol.1 なぜ茶道に興味を持ったのですか?

今回インタビュアーを務めてくれるのは、現代における絵画表現の可能性を追求する美術家として、国内外で精力的な活動を展開しているHOUXO QUEさん。そんなQUEさんがインタビューするのは、横浜・関内にあるマンションの一室に茶室を設け、新しい「茶の湯」の提案を目指すSHUHALLYの代表である裏千家 茶道家・松村宗亮さん。偉大な先人たちが培ってきた伝統文化を尊重しながら、日本独自の美意識を更新すべく精力的な取り組みを行う松村さんに、 QUEさんが聞いてみたいこととは?

なぜ茶道に興味を持ったのですか?

Q.まずは、松村さんがどのような環境の中で茶道というものに興味を持ったのかをお聞きしていければと思います。

松村:私の実家は代々横浜なのですが、海外文化が入りやすい土地柄、周囲に多くの外国人がいる環境で育ったんですね。その中で当然のように海外文化に興味を持つようになり、高校生の頃には自分でラップなどもやっていました。その流れでアメリカ留学を志すようになったのですが、日本の大学に入ってから留学するのもひとつの手ではないかと親から言われ、日本の大学の哲学科に入りました。やがて、フランスなどヨーロッパの哲学に興味を持つようになり、大学3年の時に休学をして1年間ヨーロッパに行ったんです。当時は、日本文化を意識することはほとんどなく、むしろヨーロッパ人になりたいと思うほど外国かぶれでした(笑)。日本人である僕がヨーロッパにいると、禅のことなどを聞かれるのですが、何も答えられない自分がいて…。結局語学を習得しても語るべき内容を持っていないということを痛感し、方向転換をして帰国したんです。


Q.僕は、メッセンジャーバイクを背負ってニューヨークに行き、現地の友人が紹介してくれた家を転々とまわるような生活を3週間くらいしたことがありました。僕には日本の他に、中国、台湾、韓国の血も流れているのですが、ニューヨークで触れ合ったローカルの人たちにとっては、そんな複雑なアイデンティティなど関係なく、僕はジャパニーズでしかないんですよ。そこで自分が日本人であるということをとても考えさせられましたし、松村さん同様に、日本の美意識や文化を思いのほか知らないということに気づきました。日本文化にもさまざまなものがあるなかで、松村さんはなぜ茶道を選んだのですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード