セックスのしかたに“常識”はあるの?

先日、エジプトで同性愛者とみなされた人たちが次々に逮捕されるというニュースが報じられました。同性愛者であることを確認するために行われた「身体検査」はどんな方法だったのでしょうか。そして、そこから見えてくる、「セックス」についての社会の固定観念とは?

※本記事では性のことについて、直接的表現を伴って書いています。職場や公共の空間での閲覧にはご注意ください。

※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

エジプトの警察が、同性愛者をどうやって見分けるか知っていますか?

つい先日、胸の痛むニュースがありました。警察に同性愛者だとされた人たちが続々逮捕されているエジプトで、なんと同性結婚式を祝っていた人たちまでもが一斉に警察に捕まった(※)、というのです。
時事通信東京新聞ほか

それだけでも胸が痛むのに、なんとさらに警察は、“容疑者”とされた男性たちが同性愛者であるかどうかを検査したのだと言います。

過去記事「同性愛者の見分け方ってあるの?」でもご紹介した通り、そもそも人が「同性愛者」かどうかは本人のアイデンティティによって決まるのであって、医学的検査もなにも不可能だし無意味なはずなのですが……

さて、エジプトの警察が「同性愛者を見分ける検査」と称し、何をしたか想像がつきますでしょうか。

……

そうです。

あれです。

まさかの……

「法医学的肛門検査」、だったんだそうです。

やんなっちゃうわぁ、まったく。

しかしよくもまあ、「同性愛者はかならずアナルセックスしてるはずだ」みたいな間違った思い込みで人を逮捕して非人道的な検査を受けさせるところまで突っ走ったもんよね、エジプト警察。

この、いわば「セックス=挿入」って考え方、同性愛者に限らずホントにみんなを不自由にする考え方だと思うんです。

もちろん、お互い「挿入大好き!」なカップルの間でならいいでしょうけど、人に押し付けちゃだめよね。

具体的に言えば、「お前のやってることはセックスじゃない」とか「同性愛者は肛門を検査すれば見分けられる」みたいな、上から目線で「セックス=挿入。異論は認めない(キリッ)」ってやっちゃう行為はよくないわよね、ってお話です。

「セックス=挿入」って考え方は、本来自由であるはずのセックスを束縛していると思うの。

今回ご紹介するのはまさに、セックスと挿入についてのご投稿です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

the_kawagucci 「セックス=挿入」って考え方、同性愛者に限らずホントにみんなを不自由にする考え方だと思うんです。 3年以上前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu 同性結婚式が警察に壊されるエジプトで、お祝いしていた参列者が同性愛者かどうかの「検査」を受けさせられました。その方法にみる、セックスについての凝り固まった思い込みとは……? コラム更新です。 ▼ https://t.co/376ERaDE7B 3年以上前 replyretweetfavorite

K_misa_maguro 自分は挿入に至らない/伴わない性行為を「失敗」とする表現ににいつも違和感があったなあ 3年以上前 replyretweetfavorite