​デイヴ・ムラー「Sublime Memory Garden」—アートはどこまでも自由に

クール・ジャパンの筆頭である「kawaii」文化の中心地・原宿。最新の日本のアートの発信源でもあるそこに、新しいギャラリー「ブラム・アンド・ポー」が生まれました。現在開催されているのはデイヴ・ムラー「Sublime Memory Garden」展。会場全体をすみずみまで利用し、歴史年表と植物のドローイングを大胆にかけあわせた作品から、アートの自由さを感じてみてください。

東京・原宿駅前にあるビルを5階まで上ります。大きいガラス窓から駅を見下ろせる格好のロケーションに、アートギャラリーが新しくオープンしました。「ブラム・アンド・ポー」です。

もともとは、1990年代からカリフォルニア州サンタモニカで立ち上げられたギャラリーでした。国際的な評価を得る現代アートを扱う場として著名でして、ことしニューヨークに支店を設けました。次いで、アジアにも拠点をということで、選ばれたのが東京。それも原宿だったのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

cafe_petit このギャラリーよさげだな 約4年前 replyretweetfavorite

zoukeionline デイヴ・ムラー「Sublime Memory Garden」ーー 約4年前 replyretweetfavorite