​芸術の秋、思いつきの立石

今回の「フィットする晩餐」は、東京・下町グルメの聖地として、最近注目が集まっている立石へ行きます。思いつきでふらっと立石にやってきた山本憲資さんが、まず最初に入ったのはモツ焼きのお店。モツ焼きとお酒で腹ごなししたあとは、山本さんがずっと行きたかったという餃子屋へ。焼き餃子、ニラ餃子、水餃子を堪能しました。

東京・下町グルメの聖地・立石へ

先週末、東京都現代美術館で始まった『ミシェル・ゴンドリーの世界一周』という展覧会のオープニングレセプションを目指し、仕事を終え清澄白河の地へ。先輩と合流し、館内をゆっくりと観覧。ゴンドリーさんと秋葉原をうろうろという取材を前職の雑誌編集者時代にしたことがあって、もしや本人もいて久しぶりにお会いできるのかなんて淡い期待をしていたものの、本人の来日は今月末のこと。残念。

さて食事に関しては全くのノープランな花金で、レセプションのあとからチョイスを開始。この連載にも登場した美術館からもほど近い森下の焼肉屋「静龍苑」は当然のように満席、押上のワインバー「遠藤利三郎商店」も満席、人形町のビストロ「ラピヨッシュ」も満席、亀戸の「メゼババ」も満席と、人気店ばかりなので期待はしてないものの偶発的な奇跡は無論起きない。

そこで、あ、と思いついたのが更に北東に足を伸ばして立石まで向かうという案。昼間から飲み倒す街として有名なこの地だが、僕が以前から行ってみたかった餃子屋の「蘭州」は、電話で問い合わせてみたところ、深夜まで営業しているという。というわけで半蔵門線と京成線をさらに乗り継ぐこと30分弱、立石駅へ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ora109pon 芸術の秋、思いつきの立石 | 2年弱前 replyretweetfavorite