第5回】日本人が知ってるつもりで、何も知らないものをやろう

真山仁さんのデビュー10周年インタビュー第5回。これまで金融やエネルギー問題など、産業的なテーマを多く題材にしてきた真山さん。『黙示』では農薬やGMO(遺伝子組み換え作物)、最新作『売国』では、宇宙開発を扱った作品に挑んでいます。作品の執筆を始める際のテーマ設定やそこからのストーリー展開を決めるうえでの思考回路について、お伺いしました。

小説でどこまで「ノンフィクション」を描けるか、試したかった

— 真山さんが新聞記者として勤めたのは、どのくらいの期間でしたか?

真山 2年半ですね。

— その2年半が、作家としての根本になっているところがありますか。

真山 それはあるとは思いますけど、もともとあまのじゃくで、小学生のころから、なんかちょっと人と見る目が違ってたと思いますね。
 2年半の記者生活は短かったですけど、記者ってこういうものだよなという手応えはありました。本当はもう少し勤めたかったですが、入社2か月の新人を一人通信部に出して、警察カバーもしろなんて人事配置はちょっとひどすぎた。嫌な仕事ばかり回されて、見出しありきの原稿を書かねばならなかったのも苦しかった。修業だから我慢しろと言われましたが、自分で自分を説得するのがしんどくなったということはあります。

— 同じ職場にいた者として、よくわかります。

真山 共同通信にいた斎藤茂男さんのようなルポが書きたかったんですよ。『雨に泣いてる』は、ある意味でそのオマージュですね。小説でどこまでノンフィクションのようなルポを書けるかという挑戦です。

遺伝子組み換え作物は必要悪なのか

— 少し戻って、『黙示』(新潮社)について聞きたいと思います。真山さんが取り上げてきた産業的なテーマは、金融、地熱、原発、最新作では宇宙を扱ってますけれど、農業というのも非常に真山仁らしい。しかも、かなり踏み込んで書いています。

真山 そうですね。はい。

— 農薬の問題、GMO(遺伝子組み換え作物)の問題、農業の産業化にしても、ほかの作家ではなかなか書けない視点ですよね。

真山 前にも言いましたが、日本人が割と知ってるつもりで、実は何も知らないものをやろうというテーマの一環ですね。「農業は弱いものだから、守るべきだ」という考えが、日本を不幸にしているとずっと思ってたんですよ。このテーマで書かせてもらえたのも、ある程度作家としてのキャリアを積んだからだと思います。地味な、それでいて結構やっかいなテーマですしね。


『黙示』(新潮社)

— このテーマに取り組もうと思ったのは?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
日本の「問題」から目をそらすな—作家・真山仁デビュー10周年記念インタビュー

真山仁

現代社会の光と影に注目し、常識のウソに鋭く切り込む小説家、真山仁さん。今年でデビュー10周年を迎えた真山さんは、日本経済の問題点を鋭く浮かび上がらせ、大ヒットをとばした『ハゲタカ』シリーズから、原発事故を題材とした『ベイジン』、関東大...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

office_mayama 昨秋cakesに掲載された、真山仁デビュー10周年記念ロングインタビューを、時間限定で無料公開です! 約3年前 replyretweetfavorite

office_mayama 【!】真山仁とは何者か? 日本の10年とともにデビューからの軌跡を振り返っていきます。 3年以上前 replyretweetfavorite