第2回】読者に安易な幸せなんか与えたくない

現代社会の光と影に注目し、常識のウソに鋭く切り込む小説家・真山仁さん。そのデビュー10周年特別インタビューです。第2回目は、連載当初、まだ認知度の低かった地熱発電を扱った『マグマ』、そして中国を舞台に、原発問題に迫った『ベイジン』についてお話を伺いました。

スクープだった「地熱発電」

— 真山作品は「原発」のイメージが強いんですが、実は地熱発電をテーマにした『マグマ』(朝日新聞社、朝日文庫、現角川文庫)の方が発表は早いんですね。2005年から連載が始まっています。この時点で地熱に関心をもったきっかけは?


『マグマ』(角川文庫)

真山 日本人にとって、当たり前のようにそこにあるけれど、自分たちでコントロールできないものは何かと考えた時に、エネルギー問題があると思ったんです。本当は石油をテーマにした小説を書きたかったんですよ。当時、原油価格が上昇してピークアウトだと言われ、石油が輸入できなくなったら、代替エネルギーをどうするのかって話になってたんですね。

— 2003年のイラク戦争をきっかけとした供給不安ですね。

真山 出版社にこのネタを提案したんですが、経費面で難しいと言われました。海外取材が必須でしたから。その後、ある飲み会で、「知り合いが地熱関係の業界団体にいるんだけれど、地熱発電って原発に押されて大変みたいだ」という話を聞いたんです。それは面白い!と思って。実はその時まで、地熱発電の存在すら知らなかったんです>が。

— 普通、知りませんよね。

真山 九州とか北海道の人だとピンとくるらしいですけどね。で、虎ノ門で3時間取材させてもらいました。そこで『マグマ』の骨格が出来上がったんです。
 その時はね、これはスクープだ、抜いた(※)と思いましたね。私と同じくほとんどの人は知らないだろうと思ったし、エネルギー問題を考える上で新しいテーマだし、何よりこれで「原発を止められる」んですから。
※業界用語で「スクープをとる」ことを「抜く」ともいう。

— 『マグマ』の冒頭は、「5年以内に日本の全原発を閉鎖せよ」という先進国の外圧から始まります。

真山 地熱発電の小説だから原発が邪魔だってこともありますが、私自身、いずれは原発を止めてほしいと考えていますから。

— そうなんですね。

真山 日本で原発を止められない最大の理由は、代替エネルギーがないことです。そこで有望なのが地熱発電なんですが、原発に比べて発電量が小さいとか、発電施設に膨大なコストがかかるとか、電気料金が高いとか、いろいろ言われて進んでいなかった。さらに、当時は電力が供給過剰だったんですよ。日本の節電技術は世界のトップクラスで、火力発電なんてほとんど稼働せず、原発と水力発電だけで電力が足りてたんです。だから新エネルギーを開発する必然性はないんです。
 じゃあ、どうやったら地熱発電の物語を始められるかって考えた時に、中国や韓国に原発を作らせるのは危ないんで、おまえのところが率先して止めてくれという「外圧」が来たことにした。この可能性は0%じゃないなと思いました。

— 今読み返すと、実に示唆的です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
日本の「問題」から目をそらすな—作家・真山仁デビュー10周年記念インタビュー

真山仁

現代社会の光と影に注目し、常識のウソに鋭く切り込む小説家、真山仁さん。今年でデビュー10周年を迎えた真山さんは、日本経済の問題点を鋭く浮かび上がらせ、大ヒットをとばした『ハゲタカ』シリーズから、原発事故を題材とした『ベイジン』、関東大...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

office_mayama 昨秋にcakesで掲載された、真山仁デビュー10周年インタビューを時間限定無料公開中! 3年以上前 replyretweetfavorite

office_mayama 【!】真山仁とは何者か? 日本の10年とともにデビューからの軌跡を振り返っていきます。 3年以上前 replyretweetfavorite

ry010030 タイトルが良い 3年以上前 replyretweetfavorite