牛込の加寿子荘

牛込の加寿子荘」 第十五回

築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説! (『少年タケシ』2011年12月更新分より)

たいへんなことばかりあった年が暮れる。
荒物屋の誰かが亡くなった。駅を出たところに、「T家式場」の看板が出ていて、わきに荒物屋の店名も書いてあったので、知った。

おそらくは、夏に店先で見た百歳近い店主のお母さんが亡くなったんだと思う。お店には数日休みますとの貼り紙があったので、まさか店主本人ではないでしょう。夏には店先に出ていた人が、こうして年を越せなかったりするというのは、ごくふつうのことで。少し風が吹いて。そんなこと。

そういえば、わたしはいま喪中になるのだ。あんなにおばあちゃんっ子だったのに、そのことをふだん忘れているのが寒々しい。私はしっかりと記憶にある中で、人の死体というものをみたのは今年の一回だけなのです。人の死ってむかしはもう少し当たり前に転がってたはずなのに、なにかで価値が高められてしまったのかもしれないと思ったり。思わなかったり。寒かったり。風が吹いたり。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

少年タケシ

この連載について

初回を読む
牛込の加寿子荘

能町みね子

築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード