21世紀の三大調味料】ゆず胡椒の取扱い説明書

ケトルVol.07は、「調味料」特集!
今回、21世紀の三大調味料をマヨネーズ、ゆず胡椒、ゴマ油(ラー油)に決定したケトル編集部。マヨネーズに続く今回は、“九州発”の調味料「ゆず胡椒」の取扱い方を今一度おさらいします。なんでもこの調味料は、地域経済を盛り上げる効果もあるんだとか……

ゆず胡椒の取扱い説明書

柚子の爽やかな香りと、唐辛子の攻撃的な辛みがみごとに調和したゆず胡椒は、柚子の名産地として有名な、大分県西部の日田市や福岡県南部の山間地で生まれたといわれています。

近所のスーパーではもちろんのこと、あの「セブン-イレブン」のおでんを買った際に添えられる調味料として和からしと肩を並べていたり、すでに定番調味料として常備する焼き鳥屋や鍋物屋も少なくありません。ゆえに、ゆず胡椒には古くからある伝統的な調味料のような風格すら感じますが、製品化されたのはここ数十年の話。創業50年のメーカーが老舗といわれるほど、新しい調味料なのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
調味料が大好き!

ケトル

最高に、無駄がつまったワンテーマ・マガジン」がコンセプトの、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第7弾のテーマは「調味料が大好き!」。ほんのちょっとの量で料理全体の味を新たな世界へと導く調味料。今回ケトル編集...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード