上戸彩の話をします

武田砂鉄さんが「やっぱり次は上戸彩ですかね……」というので、今回のテーマが決まったのですが、上がってきた原稿を読んでも出てくるのは「乳」にまつわる考察ばかり。そんな、全く上戸彩の名前が出てこない上戸彩論ですが、なんとなく彼女の芸能界における本質を掴んでいるような気がするのは担当編集だけでしょうか? ぜひ読んでご判断ください。

「隠れ巨乳」とは何なのか

それにしても「隠れ巨乳」という言葉は不思議な言葉である。「隠し子」ならば隠している主体がいるわけだが、「隠れ」ているという状態を説明したにすぎない「隠れ巨乳」にも、「隠し」ている主体がほのめかされている。本来使われるべきは「隠れ巨乳」ではなく「隠し巨乳」だ。そんでもって、巨乳を隠しているのは、その本人なのだろうか、それとも他の誰かなのだろうか。

同じ用法で使われる「隠れ家レストラン」を考えてみたい。そもそもは、隠しているつもりも隠れているつもりもないお店が、外から「隠れ家のようですね」と認定されてしまった可能性が高い。しかしご存知のように、最近ではわざわざ表看板に「隠れ家レストラン」と書くような、偽りの隠れ家もそこかしこに量産されている。「裏の物置に隠れているからね〜」とメモ書きを手渡されて始まるかくれんぼは成り立たないが、昨今の隠れ家レストランってそういう素っ頓狂がまかり通っている。

乳房とは私たち自身である

説明するまでもないが、トップ女優に対して「実は隠れ巨乳では」と下世話に問われるのは、「隠さない巨乳」がまだまだ商売として定着しているからだ。友人の作った料理を最大限に褒める時に「すごい、これはお店で出せるレベル」と言うが、隠れ巨乳の場合も、巨乳市場に出せるほどなのにどうしてそれを出さないのか、というわけである。本人にそのつもりはなくても、議論は熱を帯びてしまう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

_kumi777_ 全く上戸彩の名前が出てこない上戸彩論て(*>艸<) 5年弱前 replyretweetfavorite

shintkitter 本文に一言も“上戸彩”の文字が出てこないけど、おもしろいっす。 5年弱前 replyretweetfavorite

CHITAMA_ROCKETS 上戸彩の話…としながら「隠れ巨乳」について延々と語る武田さん。キレキレです。 |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜|武田砂鉄 @takedasatetsu |cakes(ケイクス) https://t.co/hBbjaRE962 5年弱前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri このドラマ、全く知らなかったけど、そういう俺みたいなのはそもそもこういうマーケティングの対象外なのか。 5年弱前 replyretweetfavorite