最後から二番目の恋」追慕リスクを回避する方法【複数交際で在庫管理を学ぶvol.3】

これだけは押さえておきたい! 新人ビジネスパーソン必見の“超訳”ビジネス用語。マストで身につけるべきだけどなかなか覚えられないカタカナ言葉を、男女関係にからめて解説します。今回は、夢の二股三股交際から効率的な在庫管理について学びます。
解説する用語:“先入先出法”、“QCD”、“限定合理性”

68 先入先出法(PPM・在庫管理)

◇本来の意味◇

先入先出法とは、会計学の用語で、棚卸資産の評価方法のひとつ。商品が実際にはどのように売れたかという事実は無視して、先に仕入れた(または製造した)商品から順に払い出しされる(売れていく)と仮定して、棚卸資産の評価や払出単価(原価)の計算を行う方法。物価上昇期には、「現在の高い販売価格」と「昔の安い原価」との差額が「利益」となり、利益が多く計上されることになる。

◆モテビジ解説◆

ここまで、複数交際の考え方を学んできましたが、実際には多くの人が、出会った人から一人ずつ順番に付き合い、順番に別れていくという「先入先出法」をとっているのが現状です。そして、「この人となら結婚してもいいかな」と思える人がいたら、そこでストップするわけです。理想では、「最後に付き合って結婚を決めた今カノ(今カレ)」と「最初に付き合った元カノ(元カレ)」との差額(スペックやグレードの差)が大きいほど、幸せなゴールインを果たしたことになります。しかし、現実は「3番目の元カノのほうが美人だった」「最後から2番目に付き合った元カレのほうが高年収だった」といったことが往々にして起きます。複数交際をせずに「先入先出法」をとると、どこでストップをかけるのが最善の選択かわからない、というリスクを抱えることになるのです。

69 QCD(PPM・在庫管理)

◇本来の意味◇

QCD(クオリティ・コスト・デリバリー)とは、製造業の用語で、生産管理において重視するべき品質(Quality)・価格(Cost)・納期(Delivery)の3つの要素のこと。品質を上げようとすればコストがかかる、コストを下げようとすれば納期が延びる、など、すべてを最適化することは難しいため、トレードオフのバランスが重要となる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
モテるビジネス用語

小石ヤマ

これだけは押さえておきたい! 新人ビジネスパーソン必見の“超訳”ビジネス用語。某有名企業に勤める著者が、マストで身につけるべきだけどなかなか覚えられないカタカナ言葉を、男女関係にからめて解説します。身近な恋愛ネタだから簡単に覚えられ、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません