必要なときに必要な相手を必要なだけ補充するモテテク【複数交際で在庫管理を学ぶvol.1】

これだけは押さえておきたい! 新人ビジネスパーソン必見の“超訳”ビジネス用語。マストで身につけるべきだけどなかなか覚えられないカタカナ言葉を、男女関係にからめて解説します。今回は、夢の二股三股交際から効率的な在庫管理について学びます。
解説する用語:“コモディティ化”、“ロングテール”、“カンバン方式”

61 コモディティ化(PPM・在庫管理)

◇本来の意味◇

コモディティ化とは、市場参入時には高い付加価値を持っていた商品が、後発品との競争の中で品質・機能・形状などにおける優位性や特異性を失い、一般消費財のように定着していくこと。冷蔵庫、洗濯機などの白物家電や、牛丼チェーンのように、どの競合メーカー/ブランドを選んでもクオリティには大差がないので、価格や量が判断基準となり低価格競争に陥りやすい。

◆モテビジ解説◆

昔は、一生のうちに恋愛できる相手、セックスできる相手はきわめて限られており、“出会えた人”=“運命の人”だと思い込むことで、「この人しかいない」というあきらめがつきました。しかし、今や他業種との合コンや婚活パーティー、ネットのお見合いアプリなど、出会いのチャンスも情報量も多種多様。よりスペックの高い異性を探せば探すほど、「この人しかいない」という優位性を誰か一人に絞ることは難しく、どの人もそれなりによくて大差ないので選べないという“恋愛・セックスのコモディティ化”が起きています。その結果、特に若いうちは、同時期に複数の人と付き合いながら、徐々に本命を見極めるという事態も発生しがち。そこで、今回は「複数交際」のメリット・デメリットを「在庫管理」の考え方から学んでいきましょう。

62 ロングテール(PPM・在庫管理)

◇本来の意味◇

ロングテールとは、販売数の少ないニッチ商品の売上の合計が、ヒット商品の売上の合計を上回る現象/理論のこと。在庫コストや売り場スペースの制約を受けず、少量・多品種を扱えるネット通販の強みとして語られることが多く、一般に「パレートの法則(上位2割の商品の売上が、全体の売上の8割を占める)」と呼ばれる店舗販売の収益構造とは対極をなす。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
モテるビジネス用語

小石ヤマ

これだけは押さえておきたい! 新人ビジネスパーソン必見の“超訳”ビジネス用語。某有名企業に勤める著者が、マストで身につけるべきだけどなかなか覚えられないカタカナ言葉を、男女関係にからめて解説します。身近な恋愛ネタだから簡単に覚えられ、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aporo1031 こういう人、意外と嫌いじゃない。 4年弱前 replyretweetfavorite