第15回】六芒星のカドを一個磨き落とせ!

京大、マッキンゼー、ホスト、船井総研という異色の経歴を経てきた若き思想家・倉本圭造さんの意欲作のエッセンスを、cakesでもお届け。日本人のいいところを生かして、欧米社会でも実現できなかった理想の社会運用をするためのキーワードは「六芒星のカドを一個磨き落として五芒星にする作戦」!?

「派手な二項対立の議論」を離れて、
「現地現物」の「実践的な問題」に集中しよう!

  最近よく聞く「大きな政府(できるだけ政府がカネを使って介入する方がいい)」か「小さな政府(市場に任せて政府は小さくした方がいい)」か、という対立にしても、「概念」と「現実」のギャップがどうしても立ちはだかるんですよ。

  本当に、本書で描いてきたような「個々人の本当の可能性がストレートに具現化した原生林のような経済」を実現できる気運が、経営実務レベルのスキルとして共有された社会に将来なれば、現在の小さな政府主義者が主張しているような、ほぼ全面的な規制緩和や所得税や法人税の累進性を下げること、消費税などの広く薄く徴収できる形への税体系のシフト、国際関係におけるFTA(自由貿易協定)やTPP(環太平洋経済連携協定)等の関税の撤廃などは、むしろ「あらゆる人間の幸福」につながります。

  しかし、現状でただそれをやれば、さらに「今は古い共同体の記憶でワグナーズギャップを乗り越えられている理想例」すらもすべて破壊していくような、味気ない・希望のない・生きている意味が感じられない世界になるでしょう。

  つまり、「大きな政府か小さな政府か」というのは一種の宗教論争でしかなく、両方の立場が相手を全面否定しているだけでは実質的な解決に決して入っていけない種類の問題なのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジセダイ by 星海社新書

この連載について

初回を読む
21世紀の薩長同盟を結べ

倉本圭造

京大、マッキンゼー、ホスト、船井総研という異色の経歴を経てきた若き思想家・倉本圭造さん。彼の処女作『21世紀の薩長同盟を結べ』は、23万字にわたる圧巻の提言書です。そんな意欲作のエッセンスを、cakesでもお届け。閉塞的な空気に包まれ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません