新訳 世界恋愛詩集

くちびるにオオカミ」ゲーテ

「図書館や本屋の片隅で埃をかぶっている詩集たち。その中に、ちいさな宝石を見つけ出すように――「詩人天気予報」などで話題の詩人・菅原敏さんが、古今東西の詩人の作品に新訳という名のオマージュを捧げる新連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。
第二回はドイツを代表する文豪であり、恋多き詩人としても知られるゲーテ。「Finnisches Lied(フィンランド風の唄)」を「くちびるにオオカミ」という新たなタイトルに、菅原さんの感性でどのように生まれ変わるのでしょうか。


別れた時と同じ姿で
愛したあいつが
帰ってきてくれるなら

そのくちびるに
オオカミの血がべったりと
真っ赤に塗られていたとしても
はげしいくちづけの響きを立てよう

五本の指すべて
毒蛇になっていたとしても
お前の手をしっかりと握ろう
もう二度と離さないように


そして風に問いかけてみよう
もしも
ちょっとした優しさがあるなら
おれたちの言葉を
ひとつずつでいい
運んでくれないか
ふたりが遠く離れていても
少しは言葉を交わせるように


金とか酒とかそんなもの
おれにはもう
どうでもよくて

あれやこれやのすべてのもの
おれにはもう
必要ない

それでも
あいつのことだけは

それでも
あいつのことだけが


わかるだろう?
あの夏と冬のこと


「くちびるにオオカミ」

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749-1832)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sugawara_bin 【日曜日のよる、おやすみ前のひとときに】 かつて出会ったあのこたちに。2つの詩をプレゼント。 『かのひとは美しくいく』https://t.co/pP5C8zd8cF 『くちびるにオオカミ』https://t.co/8GJdhi9RKm みなさま良き夢を。 約4年前 replyretweetfavorite

mmmmoto 元がドイツ語(?)…で。。。 約4年前 replyretweetfavorite

sugawara_bin 菅原敏・新連載【新訳 世界恋愛詩集】第二回は文豪ゲーテです。 『くちびるにオオカミ』 https://t.co/MkcSNbDLJ0 「ギョエテとは 俺のことかと ゲーテ言い」(斎藤緑雨) 明治期の翻訳の逸話、知られざる人物像も http://t.co/7tlTuPa7IV 約4年前 replyretweetfavorite

8kotty8 ゲーテの「Finnisches Lied(フィンランド風の唄)」の新訳、すてき。 約4年前 replyretweetfavorite