第15回】知らないと生き残れない! IPO株乱高下のカラクリ (前編)

初値で暴騰、そして急落。市場に渦巻く投資家の打算と欲望が、IPO株を上へ下へと引っ張り回している。

 ジェットコースターに乗った気分だ──。ここ最近、株式を新規公開(IPO)した社長たちの胸中は、おそらくこんなところだろう。中でも、新興市場のIPO銘柄で株価の乱高下が続いているからだ。その裏では、この値動きの激しい相場で、ひともうけをたくらむ投資家たちが跋扈している。

 急騰が相次ぐIPO株はバブルの様相だ。初値が公開価格の2倍を上回ったのは、2012年が9社だったのに対し、13年は新興市場を中心に約30社に上った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本に押し寄せる世界の富裕層マネー

週刊ダイヤモンド

米国、中国、欧州、シンガポール、香港、台湾、マレーシア……。世界中の富裕層マネーが日本に押し寄せている。彼らはこの日本でいったい何を買っているのか。日本人は長過ぎたデフレのせいで気づけていないだけなのかもしれない。実はこの島国にこそ宝...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません