タモリが作った言葉「ネアカ・ネクラ」の真意

「ネアカ」と「ネクラ」という言葉、多くの人が日常的に使っていますが、実はこれ、タモリが作った言葉というのをご存知でしょうか? タモリがパーソナリティをつとめていた『オールナイトニッポン』から生まれたのですが、世に広まっていくうちに、タモリ自身が予期していなかった意味の変容がおきてしまったようです。タモリはどういう意図でこの言葉を作ったのでしょうか。

終戦直後に生まれ古希を迎えた稀代の司会者の半生と、 敗戦から70年が経過した日本。
双方を重ね合わせることで、 あらためて戦後ニッポンの歩みを 検証・考察した、新感覚現代史!
まったくあたらしいタモリ本! タモリとは「日本の戦後」そのものだった!

タモリと戦後ニッポン(講談社現代新書)

34歳の地図—タモリとアメリカの影 1

タモリの真意を外れて広まった「ネアカ・ネクラ」

1976年から83年まで7年間続いた、ラジオの深夜番組『タモリのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)は、デビューからブレイクにいたる時期のタモリにとって、きわめて重要な番組であった。同番組を愛聴していたイラストレーターの山藤章二はタモリとの対談で、《タモリさんの原点—(中略)本体というか本質というか、そういうものがストレートに出てたのがあの放送だったと思ってるんですね》と語り、《あの番組は大事になさってたんじゃないですか》と訊ねている。これに対し、タモリは次のように答えた。

えェ、大事にしてました。もうどんなにスケジュール忙しくてもとにかくやろうと。で、ニッポン放送からも休めっていわれたんですよ。こんな状態だとちょっと出来ねェだろうと。いつ復帰してもいいからしばらく休めってね。でも、いや、オレもいろいろやってきたけども、いまんところ自分の顔みたいな番組はこれしかないから続けさせてくれっていって、ま、そこまでいうんならどうぞって話になったんです。
(山藤章二『「笑い」の解体』

昼間はどんなことを言っていても、やはりどこかで誤解されてはいけないとの意識がどこかで働いて、つい婉曲な表現をしてしまうが、深夜放送でなら率直に言えるというのがタモリの言い分であった。

『オールナイトニッポン』でタモリは、のちに流行語となる言葉も生み出した。「ネアカ・ネクラ」がそれである。これは、1978年の年明け最初の放送での発言が発端になっているという。そのときどんなことを話したのか、ここでは1984年の雑誌の対談でのタモリの発言から引用してみよう。

長い間、オレは人を判断する基準というのがわからなかった。まだ人と付き合う人数が少ないサラリーマン時代は、なんとかいけたけれども、この業界に入って急にいろんな人と付き合うようになって、何がいい人で何が悪い人なのかという判断基準に困ってたんだけど、簡単なことを発見した。それが、根が明るいか暗いか。で、根が明るいやつは、もうオレは付き合う必要はない。根が明るいやつは、なぜいいのかと言うと、なんかグワーッとあった時に、正面から対決しない。必ずサイドステップを踏んで、いったん受け流したりする。暗いやつというのは真正面から、四角のものは四角に見るので、力尽きちゃったり、あるいは悲観しちゃったりなんかする。(中略)でもサイドステップを肝心な時に一歩出せれば、四角なものもちがう面が見えてくるんじゃないか。そういう時に、いったん受け流したりして危機を乗り越えたりなんかする力強さが出るし、そういう男だと、絶対に人間関係もうまくいく。
『筑紫哲也対論集 若者たちの神々 Part4』

ただし、タモリが言いたかったのはあくまで「根」の部分だった。

表面が明るそうに見えても暗いやつがいる。オレが言ってるのは根の問題なんだ。表面が暗くても、根の部分で明るいやつがいるから、だから、黙って暗くしているからといって、こいつは根が暗いと思っちゃだめだ、というふうに言ったんです。
(前掲書)

ところがネアカ・ネクラは、その肝心の根の部分を飛ばして、単に表面的に明るいか暗いかを表す語として広まってしまう。《いまはワアワア言っているやつが根が明るいと言うわけでしょう。もうしようがないですね。宴会芸とかなんかを見ていますでしょう。そうすると暗いやつが明るく振る舞うんですよ。そこでも言うんですけど、暗いやつが明るいやつのように振る舞うのは見苦しくて悲惨もいいとこだ、暗いやつは暗いまんまで表現したほうが、かえって面白い場合がある》とタモリが嘆いたときには、すでに手遅れだった(前掲書)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載がついに書籍化!「森田一義」はいかにして「タモリ」になったのか。関係者への追加取材や大幅加筆でその足跡をさらに浮き彫りにします!

この連載について

初回を読む
タモリの地図—森田一義と歩く戦後史

近藤正高

2014年3月31日、『笑っていいとも!』が32年間の歴史に幕を下ろしました。約32年間、毎日テレビに出続け今や国民的タレントになったタモリ。そんな「昼の顔」だけでなく、アングラ芸で身を起こし、深夜番組『タモリ倶楽部』で披露する「夜の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

caazzy https://t.co/VJRwGBaDee これによればタモリの「ネクラ」発言は1978年1月初旬が始まり。 当時の主な対象は中島みゆき、さだまさし、オフコース等ニューミュージック系歌手だった記憶がある。 でも、「俺もネクラだ… https://t.co/f0V0txRwJc 4日前 replyretweetfavorite

nekuramapchip えっ、根暗・根明ってタモさんが語源なの!? この情報まじ!? https://t.co/bABvd0dIIF https://t.co/Toug42hrFU 3ヶ月前 replyretweetfavorite

harutsumiren 「ネクラ」と「ネアカ」の語源を辿ると 約1年前 replyretweetfavorite

shunbini ネアカは伊集院じゃないのか 1年以上前 replyretweetfavorite