誰にも嫌われない女子アナ・大江麻理子

突然の結婚発表で、世の男性を絶望のどん底に突き落としたテレビ東京アナウンサー・大江麻理子。「モヤモヤさまぁ~ず」のようなバラエティから、「ワールドビジネスサテライト」のような経済番組までこなし、「好きな女子アナランキング」でも常に上位という人気者で、やっかむ声もほとんど聞こえてこない稀有な存在です。なぜ大江麻理子はこんなにも好かれるのか、(大ファンの)武田砂鉄さんが読み解きます。

「祝い事を逆張りで突つきたくなる連中」も黙り込む

競技としてのディベートでは、自分の真意とは関係なく、与えられたポジションの答弁をするのがルール。たとえ個人的に「死刑賛成」であっても、「死刑反対」の論陣に加われば反対する理由をこねなければいけない。その際に手っ取り早いのは、自分が賛成する理由をそのままひっくり返すこと。「殺された側の人権を最優先に」を「殺した側にも人権があるのでは」とひっくり返していく。これができれば、いかなるディベートでもひとまず論陣を張ることが出来る。

大江麻理子アナというのは実にディベートがしにくいアナウンサーだ。なにせ、賛成票しかない。無理やり「反対してください」と言われて、賛成をひっくり返してみたところで、それが反対として馴染んでこない。「キレイじゃない」「ニュースが読めない」「性格が良くない」「私生活がだらしない」。朝方フジテレビに出てくるようなアナウンサーたちは、これらをいくつか使われて適当にバッシングされているのだが、大江アナはそれすらされない。今回初めて、「大金持ち×バツイチ×50歳」と結婚という、「反対」の論陣にとって恰好の素材が提供されたというのに、それでも素直に失望している様子で、「祝い事を逆張りで突つきたくなる連中(自分も含む)」がちっとも出てこない。これは奇跡的な出来事である。

NYライフをエッセイ集にまとめなかった凄み

「ワールドビジネスサテライト」のメインキャスターを務める前に1年間ほどNY勤務、というのは、今から振り返れば既定路線だったのだろう。その転勤の報を聞いた時に、こちらは息継ぎもせずに「パリでよろしくやってる元・女子アナみたいなオシャレエッセイ出さないで欲しいけど幻冬舎あたりで出すんだろうな絶対あーあとってもガッカリだよ大江さん」と先読みして残念がったのだが、彼女はその手のものを出さなかったのである。おすすめのパン屋や仕事帰りに立ち寄るカフェなど、海外移住組がこぞって取りかかる一冊に取りかからなかったのである。数々のオファーを断ったのは想像に易い。

ここ日本では財布を落としてもお金もそのまま戻ってくるんですと「お・も・て・な・し」精神で日本の素晴らしさを語ったキャスターは、その以前に出していた著書『恋する理由 私の好きなパリジェンヌの生き方』(講談社)で「フランスと日本のダブルアイデンティティとして生まれた自分自身の人生観」(紹介文より)を100%フランス礼賛で語っていたけれど、読者が羨ましがる環境をへりくだって伝えるこの手の流れに大江アナは乗っからなかった。「イチ会社員なので」という避け方はあるにせよ、自分を心地よく持ち上げてくれるエサを食べずに過ごすというのはそれなりに難儀だったはず。

「女子アナ」像を具体的に改めた開拓者
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wop_528 この人は最強 約4年前 replyretweetfavorite

n_keiei そういや初代は小池百合子だった 約4年前 replyretweetfavorite

DOWNTOWN_BOY さらに付け加えると、積極的にツイッターを活用できているのが大きい。同業他「者」ではいないもんな。 約4年前 replyretweetfavorite

DOWNTOWN_BOY あと、文頭のディベートの下りになぞらえて言えば、「 約4年前 replyretweetfavorite