第11回】概念とリアルの間に横たわる「ワグナーズ・ギャップ」とは?

京大、マッキンゼー、ホスト、船井総研という異色の経歴を経てきた若き思想家・倉本圭造さんの意欲作のエッセンスを、cakesでもお届け。概念派の長州藩側とリアル派の薩摩藩側の間に横たわる溝「ワグナーズギャップ」。人類にとっても普遍であるその問題がいまの日本人にとっても課題なんです。

概念とリアルの間に横たわる「ワグナーズギャップ」は、
人類にとって普遍的な問題

  リヒャルト・ワグナーという作曲家がいます。勇壮な感情を奮い立たせるメロディを作ることにかけてはクラシック作曲家の中で突出した才能を持っていた、19世紀のドイツ人です。

  のちに彼の曲はヒトラーがナチス政権のイベントなどで頻繁に使用したためにかなりイメージが悪くなってしまっている部分もありますが、たとえば日本人でも、政治学者の丸山眞男氏や作家の三島由紀夫氏、アニメ作家の宮崎駿氏など、一体的に構築された自分独自の世界観を強力に表現して世の中に影響を与えていきたいタイプの人に熱烈なファンがいることで有名です。

  子供時代に私がハマっていたパソコンゲームのBGMに彼の「ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲」が使われていて、ずっと聞いているうちに、最後の有名なファンファーレのあたりには、もうなんだか世界を征服しちゃったような気持ちになってしまい困りました。

  とにかく、このワグナーは文筆家としても有名で、その著作のなかの「音楽におけるユダヤ性」という文章で、「ユダヤ人には本当の芸術は創り出せない」などと批判しているんですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジセダイ by 星海社新書

この連載について

初回を読む
21世紀の薩長同盟を結べ

倉本圭造

京大、マッキンゼー、ホスト、船井総研という異色の経歴を経てきた若き思想家・倉本圭造さん。彼の処女作『21世紀の薩長同盟を結べ』は、23万字にわたる圧巻の提言書です。そんな意欲作のエッセンスを、cakesでもお届け。閉塞的な空気に包まれ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

t_take_uchi ワグナーズギャップ。今年の流行語にならんだろか  4年弱前 replyretweetfavorite