企画とエンジニアだと企画が偉い。

企画を立てる人とエンジニアでは、企画者のほうが偉い、と言い切る川上量生さん。エンジニアの地位が高いドワンゴの方針から考えると意外にも見える結論ですが、それには川上さんなりの理由がありました。そして、最終的に「ドワンゴはデザインを重視する会社になる」という発言まで。これまでのドワンゴのイメージを覆す話が展開します。

企画者とエンジニアはどちらが偉いのか

川上量生(以下、川上) ここでいったん、企画者とエンジニアはどっちが偉いかというテーマについて話しましょうか。僕はやっぱり、企画者が偉いと思ってるんですよ。根本的にはね。

— ほう。

川上 でもうちの会社って、エンジニアを大事にする文化があるので、企画は地位が低いんです。それっていうのは、あまり企画者がバリューを出せてなかったからだと思うんですよね。企画者って、ポジションで偉いわけじゃなくて、企画そのものの影響範囲が大きいから偉いんですよ。

— そうですね。

川上 その人が考えた企画に合わせて、たくさんのエンジニアが動くことになる。だから、企画そのものの精度はすごく高い必要があるんです。本当はエンジニア1人よりも、その企画者の能力で全体のプロジェクトの成否が左右される。ところが世の中に、バリューを出せる企画者ってあんまりいません(笑)。

— たしかにそうですね。

川上 バリューを出せる人もなかなかいないし、そういう人を育てるのも難しい。だったら、エンジニアのほうが確実に戦力として計算できるので、エンジニアを大事にしよう、というのがドワンゴの基本思想だったわけです。

— なるほど。

川上 でも、本当に優秀な企画者がいれば、その人のほうがエンジニアよりやっぱり偉いんです。だから、うちでもなんとかいい企画者を抱えたいと思っていて、前回話したように、女性を配属したり、エンジニアから転向させたりいろいろしてきました。そして次にやろうとしているのが、デザイナーを企画者にするということです。

— デザイナー、ですか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
川上量生の胸のうち

川上量生

「おおっぴらに書くと炎上しそうなことも、ケイクスでなら言える」そんな風に語るのは、ドワンゴ代表取締役会長、スタジオジブリ所属、アニメーション製作のカラー取締役、KADOKAWA取締役と日本のメディア界で幾つもの重要な役割を持つ川上量生...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nomnel これを思い出しました | 11ヶ月前 replyretweetfavorite

koogawa これこれ! 2年以上前 replyretweetfavorite

ss1121 ( ´_ゝ`)  約3年前 replyretweetfavorite