エンジニアと企画職の「退かぬ!媚びぬ!顧みぬ!」問題

ドワンゴはエンジニアが中心の会社。そのなかで、企画を立てる人がエンジニアを主導していくのは、なかなか難しいようです。女性の活用を試みるとエンジニアは「サウザー化」してしまい、エンジニアから企画職へ移行しようとすると、元々の資質が邪魔をして――。この本題を思い出すまでの、川上量生さん流の「論理の組み立て方」の話と併せてどうぞ。

ダジャレが言いたくて、論理を考える

— 今回の取材の前に、川上さんから僕に「cakesの取材で話したいことがある」とメッセージをいただいたんですよね。「企画者とエンジニアはどっちが偉いのか」「ドワンゴにはサウザーが多すぎる」とかそんな内容の断片のメモ書きが届きまして……。

川上量生(以下、川上) あ、サウザーね! そうだ、それが言いたかったんだ。勢いで送ったことって、1週間も経つと忘れちゃいますね。どういう話をしようとしてたんだっけ。

— 「愛深きゆえに愛を捨てた男」ともあります。いったいなんのことやらと(笑)。

川上 ああ、だんだん思い出してきた! そう、僕はそういう意味では、結論ありきで論理を組み立てる文系的な部分もあるんですよね。というのも、僕がいろいろなサービスをつくる原動力って、そこなんです。

— 「そこ」とは?

川上 なにかおもしろいことを思いついたとき、それを世の中の人に聞いてもらうために、あとから理屈を組み立ててるんです(笑)。しかも、その言いたいことって、けっこうダジャレとかだったりする。

— そんな(笑)。

川上 でも、ダジャレだけ言っても聞いてもらえないから、それを聞いてもらう舞台として論理的な世界を構築するんですよ。そのなかでちょっとしゃれた感じで言うっていうのが、僕が目指してる表現です。「ニコニコ町会議」 なんかその典型ですね。これはもともと「ニコニコ超会議」があって、「超会議(ちょうかいぎ)」のシャレで「町会議(ちょうかいぎ・まちかいぎ)」って思いついて、じゃあ「町会議」やろうよ、と。

※ 2012年から始まったniconicoをちょっとだけ再現する、ニコニコ動画の公式イベント。各地の夏祭りに併催されるかたちで、ユーザーの応募があった全国各地で開催される

— えっ、そうだったんですか。

川上 「ニコファーレ」もそうですね。ニコファーレって名前、めちゃくちゃおもしろいじゃないですか(笑)。

— はい。ひどいですよね(笑)。

川上 「ベルファーレの跡地にニコファーレができた」って言いたくて仕方なかったんです。そう言って世の中が納得するものってなんだろうと考えた結果、あのイベント施設ができました。ああ、ほんとに僕の原動力って文系的だな(笑)。

— 理系と文系の、両方の面をもってるんですね。

川上 だれでも、みんな両方ありますよね。どっちをどういう場面で出すか、というのが違うだけなんじゃないですか。いやー、こういうときの理屈は完全な手段ですね(笑)。だからこんな会社になるんですよ(笑)。僕はいつも、結論に向かってどういうふうにすると理屈が成立するか、という逆算で考えてるんです。

— 本当にそうなんですか?

川上 そうですよ。オフィスを歌舞伎座タワーに移転したときも、「明治座から歌舞伎座へ」って言いたくて、それを成立させるロジックってなんだろうと考えたんですよね。それで、「大衆芸能を代表する明治座から、伝統芸能を代表する歌舞伎座に」という文言を考えたり、「IT業界の老舗ドワンゴ」っていうイメージを打ち出そうと演出したりね(笑)。

— ただ移転するって言うより、納得感は高まってますね(笑)。でもその大本にあるのは……。

川上 すごくくだらないことが多いんですよね。でもそれでいいんだと思います。前回言ったように、論理というのは量が多くなればなるほど、現実を正確にエミュレーションできるんです。そして、その過程でなんとか論理を成立させようとするために、いろいろなことを無理やり考えますよね。ただの詭弁になっちゃいけないから、ビジネス的にも成立させようとする。

— なるほど。

川上 おそらく、多くの人は少ない理屈でビジネスをしようとするから、競争相手がたくさんあらわれて、うまくいかないんじゃないでしょうか。普通は正しい前提の上で、少ない理屈で儲けの仕組みを考えようとしますよね。でも僕は、間違っている前提に立っているので、たくさんの理屈が必要になるんですよ。天動説と同じで矛盾だらけだから、いっぱい理屈を考えないと成立しない(笑)。

— それって平たく言うと、新しいことをやるときは、たくさん考えないといけない、ってことですよね。

川上 当たり前のようですが、それが大事だと思いますよ。あと、この方法って、何しろ前提が間違っているから、競争相手が少ないんです。間違ってる理屈って多様性があるんですよね。でも、正しい前提の上で論理を組み立てようとすると、同じところにみんなたどり着くから競争が激しくなる。真理ってひとつだけのことが多いですからね。だから、僕はビジネス的に有効な方法だと思うな。

— なんか、この話全体がこじつけなのかどうかわからなく……(笑)。

川上 あ、そうそう、こじつけがいかに有効かって話です(笑)。こじつけでもいいんですよ。

— でも最近よく言われている、コンテクストデザインとか、ストーリーで経営戦略を立てるとか、それってまさにこじつけかもしれませんね。

川上 ストーリーってこじつけですよ。こじつけが力を持つ。これは正しいと思うな。

ドワンゴには「サウザー」が多すぎる

川上 じゃあ、そろそろ企画とエンジニアの話をしましょうか。だんだん思い出してきました。

— ぜひぜひ。ここは、みんな興味のある部分だと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
川上量生の胸のうち

川上量生

「おおっぴらに書くと炎上しそうなことも、ケイクスでなら言える」そんな風に語るのは、ドワンゴ代表取締役会長、スタジオジブリ所属、アニメーション製作のカラー取締役、KADOKAWA取締役と日本のメディア界で幾つもの重要な役割を持つ川上量生...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

machie "なにかおもしろいことを思いついたとき、それを世の中の人に聞いてもらうために、あとから理屈を組み立ててる" 1年以上前 replyretweetfavorite

ayuco_1103 "コンテクストデザインとか、ストーリーで経営戦略を立てるとか、それってまさにこじつけかもしれませんね" 1年以上前 replyretweetfavorite

tyn_iMarket チームに新卒の女性のディレクターが来て、川上量生さんが言ってた 2年以上前 replyretweetfavorite