論理は直感を超えられない。

大物から「自分に似ている」と思われがちだという川上量生さん。どうしてそう思われるのでしょうか。人が人を似ていると思うのはどういう条件がそろった時か、川上さんが論理的に解説していきます。そして話は脳のパターン認識へ。論理は直感に劣る理由を、脳の認識の仕組みから解き明かします。

僕はネットによくいる、成功しないタイプの人間

— 前回のお話で、川上さんがいわゆる「オヤジキラー」ではないということはわかりました。でも、鈴木敏夫さんや角川歴彦会長といったオヤジたちと仲良くなれたのは、相性の問題だけなんでしょうか。

川上量生(以下、川上) やっぱり希少性というのは大きな要因だと思いますよ。だって、こういう会社をやっていて、まったく働いてない創業者ってあんまりいないと思うんですよね。

— ジブリでプロデューサー見習いを始めた当時は、あんまり出社されてなかったんでしたっけ。

川上 当時もそうだし、今もそんなに働いてないですよ。

— いやいや(笑)。

川上 いや、そうなんです。経営に対する気概もあまりないし……僕みたいな立ち位置で仕事をしている人って、世の中にすごく少ないと思うんですよね。僕と似ているように見える人が、世の中には少ないということです。組み合わせとして少ないという、希少性が本質的な問題なんじゃないかな。

— すごくシンプルな理屈ですね。それだけで説明できるんですか。

川上 もう少し、人間がどういうときに「似てる」と思うかについて考えてみましょう。例えば、加藤さんと僕って、DNAレベルで99.99%くらい同一ですよね。手が2本、足が2本、目が2つあるところも同じ。でも、「僕たちすごく似てる!」とは思いませんよね。

— はい。

川上 じゃあ、どういう時に「似ている」と判断するかというと、自分がもっているある形質で、多くの他人が持っていないものを持っている人がいた時に、「あ、似てる」と思うんです。加藤さんの好きなものってなんですか? できればマイナーなもので。

— ええと、最近そんなにマイナーじゃないですけど、将棋ですかね。一時期、羽生善治さんの棋譜を全対局分並べてみるくらい、はまってました。

川上 じゃあ、将棋がすごく好きで、同じく羽生さんの棋譜をすべて並べたことのある、すごい茶髪の人が現れたとします。そうしたら、髪の色は違っても、加藤さんはその人のことを「自分と似ている」って思いますよね。

— ああ、なるほど。レアなところが共通していると、似ていると思いやすいんですね。

川上 そう。鈴木さんとか角川会長って、普通に考えれば、今までの境遇や生きてきた世界が違うから、僕と似ているはずがないんです。客観的に、僕らのことを知らない人が見ても、あまり似ているとは思わないでしょうね。でも、鈴木さん角川さんも、そして僕も「似ている」と思う感覚がある。それは何なのかというと、希少性のあるところで共通性がある、と思っているということです。

— その希少性ってなんなんでしょう。名前が上がっているお二人と川上さんって、かなり特別な存在ですよね。みなさんやはり孤独だということなんでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
川上量生の胸のうち

川上量生

「おおっぴらに書くと炎上しそうなことも、ケイクスでなら言える」そんな風に語るのは、ドワンゴ代表取締役会長、スタジオジブリ所属、アニメーション製作のカラー取締役、KADOKAWA取締役と日本のメディア界で幾つもの重要な役割を持つ川上量生...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sot_szk 色々合点がいった。 直感とは、FFTでいう竜騎士のジャンプみたいなもンかもしれないな。テレポ移動じゃなく。…ガフガリオン最高! 3ヶ月前 replyretweetfavorite

acotie 「ニコニコ哲学 3年弱前 replyretweetfavorite

Ktahdn 【第24回】|川上量生の胸のうち|川上量生|cakes(ケイクス) これはすごくわかる。直感を論理で説明しようとする方が理論が複雑になるから、論理力が鍛えられる。直感の答え合わせのための論理力という印象 https://t.co/l801I2zdq3 3年弱前 replyretweetfavorite

12selldaice 【第24回】 3年弱前 replyretweetfavorite