第9回】薩摩藩的日本人を生かすには

京大、マッキンゼー、ホスト、船井総研という異色の経歴を経てきた若き思想家・倉本圭造さんの意欲作のエッセンスを、cakesでもお届け。実はスゴいはずの薩摩藩側(国内派日本人)の良さを生かすために長州藩側(国際派日本人)がすべきこととは?

いちばん頭が良い人の力も、いちばん現場を知っている人の力も
発揮できていない現状

 結局、「知性」というものに対する理解がお受験教育的に平板で一面的であり、「IQ」と「PQ」のギャップに無頓着であるために、「いちばんオベンキョウができる(いわゆる頭が良い)人」の力も、「いちばん現場に精通している人(そういうキャラに将来なりえる求職者)」の力も吸い上げられず、しかしなんとか「日本企業としての組織の密度」を保たなくてはいけないから必死で、「ものすごく頭がいいわけでもないし、ものすごく現場を知っているわけでもないかもしれないが、柔軟性という意味では他の二者よりもコミュニケーション強者」な人たちだけで、なんとか組織を分解させずに毎日を必死にこなしている―それが今の日本の企業なんだということです。

 「突出して頭が良い人」の力を「アイツはコミュニケーション力がないからダメ人間」扱いして排除し、そうかと思えば、「古参のなんでも知ってる現場の叩き上げのボス」に、昇進の要件だとか言って無理やりペーパーテストを受けさせて、それが通らなかったらダメとか言い出す。「なんか違うんだよなあ」という感覚が常にあるからダラダラと長時間になるし、「やったなあ」と心から思える瞬間も訪れないからずっと不完全燃焼だし……そうすれば当然、買いたたかれるような中途半端なものしかできないから、数を必死にこなすしかなく、納得できないのに大量に数をこなしまくらなくてはいけないから、メンタルを病む人も出てくる。

  これらはすべて「アメリカという国の成り立ち」と「日本という国の成り立ち」の根本的な差異を無視した、「単純なアメリカ追従」の結果として引き起こされている問題だと言えます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジセダイ by 星海社新書

この連載について

初回を読む
21世紀の薩長同盟を結べ

倉本圭造

京大、マッキンゼー、ホスト、船井総研という異色の経歴を経てきた若き思想家・倉本圭造さん。彼の処女作『21世紀の薩長同盟を結べ』は、23万字にわたる圧巻の提言書です。そんな意欲作のエッセンスを、cakesでもお届け。閉塞的な空気に包まれ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません