第14回】薄氷に踊るデイトレ稼業 資産急増も“蒸発”は一瞬

マネーゲームの本質を理解していたつもりだったが、いつしかのみ込まれていくものの多いデイトレの世界。トレーダーたちの1日を追う。
一歩間違えれば、巨額の損失を被るデイトレ稼業も楽じゃない。富裕層入りを夢見て、今日も天国と地獄を行き来する。
真野さんの職場。取引時間中は極限まで集中し、終わるとぐったり疲れるという

 千葉市花見川区の住宅街。JR総武線沿いの古びた木造アパートの一室に、株価のチャートを映すモニター4台と、ノートパソコン1台が窓際の机に並ぶ。株式デイトレーダー、真野康秀さん(仮名、42歳)の職場だ。妻や小学生の娘と住む自宅とは別に借りている。この部屋にいると、天国と地獄を行き来しているような気分になる。

 新興市場で値動きの大きい銘柄を狙って、数秒から数分間で売買を仕掛ける「スキャルピング」が真野さんの運用スタイルだ。個別の業績は完全無視。ただ値動きだけを追う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本に押し寄せる世界の富裕層マネー

週刊ダイヤモンド

米国、中国、欧州、シンガポール、香港、台湾、マレーシア……。世界中の富裕層マネーが日本に押し寄せている。彼らはこの日本でいったい何を買っているのか。日本人は長過ぎたデフレのせいで気づけていないだけなのかもしれない。実はこの島国にこそ宝...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません