サイハテ

第6回 第1章

由希の想い出の地、間石町への小旅行が遂に実現。しかし、そこに智史の姿は無く……。悠治と由希の二人旅が始まった。

動画再生回数260万回を超えるボーカロイド楽曲の名曲が遂にノベル化! 
楽曲制作者・小林オニキスが自ら贈る、人と人が想いと願いをつなぐ物語『サイハテ』から一部を公開します。

♪オリジナル楽曲「サイハテ」の動画はこちら♪

八月十七日
 昨日までの雨が嘘のように晴れ渡った今日。僕らは駅で待ち合わせをしていた。
 約束した時刻は十六時。少し早めに駅に到着した僕は、落ち着かない気分で今日乗る予定の交通機関の確認をしていた。道に迷ったりして、格好悪いところは見せられない。……ここの駅で降りて、ホームを移動して私鉄に乗り換えて。そこから五駅先の問石口駅で降りる。そこで山を越えて隣町に行くバスが出ているから、それに乗って山頂付近のバス停で降りれば、由希をあまり歩かせずに目的地に着きそうだ。
 バスの最終は二十一時三十分。遅くともその前のバスには乗って帰りたい。あのお父さんを心配させてしまうだろうから。それにしてもよくOKしてくれたものだと思う。いくら日帰りだからと言って、子どもたちだけで遠出するわけだし……。
 そうやっていろいろと考えていると、目の前のロータリーに車が止まった。
「ごめんなさい。お待たせ」
 車の助手席から由希が降りて来た。
 運転席の窓が下って、お父さんの顔が覗いた。そして、今から出かけようとしている娘に、父親らしく優しい声をかける。
「気を付けて行っておいで。何かあったらすぐに電話するように」
「うん。大丈夫だから」
 由希がはっきりと返事をする。
「水上君、この子をよろしく頼む」
 由希のお父さんが真剣な眼差しを僕に向ける。その気持ちに応えるように、僕も真剣に答えた。
「はい、頑張ります」
「ふふふっ、頑張るって何を?」
 その様子を見ていた由希が、面白いものでも見たというように笑っている。
「頑張ってエスコートするってことだよ」
「じゃあ、エスコートよろしくお願いします」
 珍しく由希がはしゃいでいるように見える。
「それでは、由希さんをちょっとお借りします」
 お父さんに頭を下げる。
「うん。気を付けていってらっしゃい」
 お父さんは僕たちに微笑みかけたあと、窓を開けたまま車を走らせた。
「ねぇ、河村君は?」
「智史から朝、電話があってさ。いきなり用事ができたから行けないって言われたんだよ」
「へぇ、そう。残念だったなぁ」
 彼女はそう言いながらも、そこまで残念そうな表情ではない。
「かなり残念がってたよ。あいつから言い出したことだからな。でも一回延期になってるから行けるときに行って来いって智史に言われてさ」
 由希からすると、智史が土壇場で約束を反故ほごにしたように見えるわけで、あまり心証がよくないかもしれない。僕はそんな智史に気を遣って、フォローを入れた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サイハテ

小林オニキス

再生回数260万を超えるボーカロイドの名曲がノベル化! 楽曲制作者である小林オニキス氏が自ら贈る、“人と人が想いと願いをつなぐ”物語『サイハテ』の一部を公開します。 それは、たおやかな恋でした――。 ある日、中学二年生の水上...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

flyssa_e_sky こんなん出てるなら書籍かわなアカンじゃないですか… 4年弱前 replyretweetfavorite