サイハテ

第3回 第1章

少しずつ打ち解けてきた悠治と智史、由希の三人。悠治は、天体観測で由希に会えることが楽しみになっていた。しかし、由希からあることを聞かされた悠治は複雑な心境に……。

動画再生回数260万回を超えるボーカロイド楽曲の名曲が遂にノベル化! 
楽曲制作者・小林オニキスが自ら贈る、人と人が想いと願いをつなぐ物語『サイハテ』から一部を公開します。

♪オリジナル楽曲「サイハテ」の動画はこちら♪

 八月七日
「水上君、ちょっと聞きたいんだけど……」
「え、何?」
 いつも通り公園に三人でいるとき、僕は藤沢さんに話しかけられた。珍しく彼女から声をかけてきたこともあって、僕は少し動揺しながら言葉を返した。
「どうして星が好きになったの?」
 とても素朴な質問だった。これまであまり訊かれたことのない質問の答え、僕はいろいろと考えを巡らせながら真剣に話す。
「もともと天文学が好きだった父親の影響もあるんだけど、一番の理由は……。小学生の頃に一度だけ飛行機に乗ったことかなぁ」
「飛行機?」
 星と飛行機にどんな関係があるの? とでも言いたげな表情で藤沢さんは訊いてきた。
「そう。初めて飛行機に乗ってさ。窓の外の景色をずっと見ていたら、どんどん飛行機は上昇していって、そのうち空を抜けて雲の上にまで行っちゃって。雲とか星って、普段だったら空を見上げて眺めるものでしょ? それがさ、飛行機の窓の外では、雲が自分の目線の下にあるんだよね」
 興味深そうに彼女は僕の話を聞いてくれている。それが少し嬉しかった。
「雲の上の景色はめちゃくちゃ青くて、そこから上のほうを見ると徐々に青が濃くなってて。さらに上のほうはどんどん暗く、真っ黒な色になっていて。それを見てたら、この雲の上のずっとずっと向こうは宇宙なんだって感じて。ああ、宇宙ってちゃんとあるんだなって。そんなの当然で当たり前の知識なんだけど、実感が伴ってなかったんだ。雲の上の世界まで行って、ちょっとだけ宇宙に近いところを見たことで初めて実感したんだ」
「実感か……」
 藤沢さんが独り言のように呟いた。
「こんな感じで、いつか宇宙まで行ける日が来るのかなって。そう思ったら、星とか宇宙とかいろいろ知りたいと思うようになったんだ」
「なんだかいいね、そういうの」
 少しはにかむ彼女。その肯定の笑みが、とても綺麗に見えた。
「大真面目に話しちゃって、ちょっと恥ずかしいな」
 僕は少し照れくさくなってしまい、ごまかすように言った。
「じゃあ、河村君は? 君も好きなんでしょ? 星」
「えっ!? 俺?」
 突然話を振られて戸惑う智史。
「いや、まぁ……俺も、飛行機……?」
 どうして疑問系なんだよと、口には出さずに内心で突っ込む。
「ふーん……」
「訊いて損したって感じのリアクションだね」
「うん、なんかガッカリ」
「そんなこと言われても、だってこれ、夏休みの自由研究でやってるだけだし」
 藤沢さんの冷たい目線を肌で感じ、智史が言い訳する。
「それは知ってるけど、二人とも星が好きだから選んだんじゃないの?」
「いやぁ、俺は別に。ただ悠治が星に詳しいから、二人で共同でやったことにしようと思ってさ」
「……それって結局、河村君が楽したかっただけなんでしょ?」
 まったくもう、とあきれたように彼女は言った。
「うん、悠治にも同じこと言われたよ!」
「ふふふ、やっぱり」
 そう言って藤沢さんは楽しそうに笑った。最初の頃は落ち着いたクールな印象だった彼女も、いつの間にか自然と屈託のない笑顔を見せるようになっていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サイハテ

小林オニキス

再生回数260万を超えるボーカロイドの名曲がノベル化! 楽曲制作者である小林オニキス氏が自ら贈る、“人と人が想いと願いをつなぐ”物語『サイハテ』の一部を公開します。 それは、たおやかな恋でした――。 ある日、中学二年生の水上...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません