晩夏初秋のたこ焼きの陣

Sumally代表・山本憲資さんのレストラン案内、今回は関西出身の山本さんにとって「ソウルフード」でもあるたこ焼きのお店をご紹介します。1軒目は渋谷に新しくオープンしたお店。カウンター数席の小さいお店で出てきたのはどんなたこ焼きでしょうか。2軒目は代官山にある角打ちでも飲めるワインショップ。ワインショップと聞いて不思議に感じるかもしれませんが、実は本場大阪の名店のたこ焼きを出してくれるお店。シャンパンにあわせてお楽しみください。

渋谷にオープンしたたこ焼きの新店

渋谷区にあるうちの近所は、9月に入ると祭りのシーズンになる。金王八幡宮と氷川神社が中心で、神輿が騒がしく、うちの近所にも屋台が出る。だいたい昼前からちょろっと繰り出しては生ビールとたこ焼き、ないしは広島焼なんかを食べるのがこの時期の個人的風物詩でもある。僕は神戸出身で、関西出身の人は家にたこ焼き器(”たこ焼き”焼き器が正確な呼び名なのかはよくしらない)があるだろうとか言われるけれど、残念ながら自宅には持っていない。とはいえ、たこ焼きに接する機会は幼い頃より平均以上であったことは間違いなく、今でも定期的に食べたくなる。祖父母の家があった姫路、駅の地下のフードコートのたこ焼きが美味しくて、帰省の度に従兄弟みんなでむさぼっていたのが懐かしい。最近駅自体がリニューアルされたと聞いたが、どうやら店もリニューアルをして味は健在のようだ。

さて本題だが、この夏に並木橋(渋谷と恵比寿と代官山のちょうど間)にオープンした小さな店が、おいしいたこ焼きを出すという噂をどこからか聞いた。ふむふむ、「天風(てんぷう)」という店名のよう。夜遅くまでやっているみたいで、会社帰りに早速行ってみた。カウンター数席、決して小奇麗とはいえない店内。メニューはたこ焼きの他にうどんとおでん。さっそくスタンダードなたこ焼きをビールとともに注文するが、これが出汁がきいてて旨い。ご主人は大阪の人で、「以前は大阪でキャバクラの呼び込みやってましたわ~」と陽気に語る。どうにも居心地がよくて、勢いでかすうどんも注文。どちらも味の決めては出汁、こちらも旨い。

シャンパンと楽しめる、東京・たこ焼き激戦区のおすすめ店
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kzhrpps 恵比寿代官山はたこ焼き激戦区なのか。行くしか 4年弱前 replyretweetfavorite

cafe_petit 行く メモメモ 約4年前 replyretweetfavorite