嫌いなものを好きになる

bar bossa林さんのコラム連載、今回は林さんも仕事上深く関わる「お酒」のお話。最近、年齢層が下がるほどお酒を飲まない人が増えているそうです。ライフスタイルの変化や、仕事に対する考え方の違いなど理由はさまざまですが、そんな人でもお酒を飲みたくなる林さんによる「お酒のススメ」。ぜひお試しください。

今の大学生はお酒を飲まない

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕は25歳の娘がいるのですが、お酒を飲まないんです。体質的に飲めないというわけではなく、ただ飲まないんです。

娘は芸術系の大学で油絵を専攻したのですが、そこでの「新入生歓迎コンパ」では、新入生は一滴もお酒を飲まないんです。というのは、入学したばかりの1年生のほとんどはまだ18歳なので、教授や上級生達が「問題」になるのを恐れて、お酒を飲ませないそうなんです。

驚きですよね。昔は大学に入ると新歓コンパで酔いつぶれたり、バカな失敗をしてしまったりして、「自分はこのくらいは飲めるんだな」とか「自分は酔ってしまうとこういう失敗をするんだ。気をつけなきゃ」とかって学習するのが「日本の正しい大学生活の始まり」だったような気がします。

そんなわけで、そのまま学年が上がっても、そんなにお酒を飲まないことが多くなるらしいんです。

例えば大学祭がありますよね。みんなで泊まり込んで展示や屋台を用意するのはやっぱり今でも同じなようなんです。でも、終わったあとの打ち上げがちょっと違うんです。

うちの娘の場合は、女の子同士で「スイーツ食べ放題」に行って、「今日は打ち上げだから何にも気にしないで食べちゃえ!」って感じの集まりだったそうなんです。

娘は今25歳なので、職場の飲み会や合コンなんかにも参加しているようなんですが、その場所でもウーロン茶ですますことが多いそうなんです。

僕が「周りの人が『ええ! 飲めば! つまんないよ!』とか言わないの?」と聞くと、結構そういう女子が多いし、今は無理矢理飲ませるのってスマートじゃない雰囲気があると。

で、そうかあ。そういうお酒を飲む習慣自体がもうないのかあ、というところまでは理解できました。

でも、居酒屋やイタリアンみたいな、本来はお酒を飲むための場所には行くことが多いらしく、そこでは周りの大人は楽しそうにお酒を飲んでいるだろうに、あえてお酒を飲まないってどういう気持ちなのか不思議ですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nishiaratter “谷間”の年齢にいる僕には複雑な話(笑)両方のお話とか感覚、分かります。→ 約4年前 replyretweetfavorite

GeeeeN2525 大学入って新歓で無茶して ああこれ以上飲んだらダメだって覚えてったりするんだけど 今飲ませらんないもんなあ。 約4年前 replyretweetfavorite

sekichiku_12  結構わかる 約4年前 replyretweetfavorite

doingfaster 大学生とかは仲の良い人としかお酒を飲みに行かないから、お酒で気分をハイにする必要はないってのには納得できるわ。 約4年前 replyretweetfavorite