カイジ「どん底からはいあがる」生き方の話 【第8回】「ポジショニング・ワーク」という考え方

経済が飽和状態の中で「目指すべき上」を見失った今、私たちが生きる指針とすべきことは何か。自由競争の中で「がんばれば夢は叶う」と言われつづけてきた私たちが、夢が叶わないことに気づいたとき、どうやって生きていけばいいのか・・・・・・カイジによって示された「人生を変える道」をベースに「自分の足で立ち、人生を切り開く」ヒントをご紹介します。

漫画『賭博黙示録 カイジ』とは?

自堕落な日々を過ごす主人公、伊藤開司(いとう・かいじ)。そのカイジが多額の借金を抱えたことをきっかけに「帝愛グループ」をはじめとする黒幕との戦いに挑んでいく大人気漫画。命がけのギャンブルを通じて、勝負師としての才能を発揮するカイジだが、その運命は果たして・・・。

(作者:福本伸行講談社『週刊ヤングマガジン』で1996年11月号~1999年36号まで連載された作品)

時代は"歯車"に自立を求めている

仕事を分業し、細切れにすることで、生産効率を上げることができます。そのため、企業は積極的に分業を取り入れていきます。

しかし一方で、分業が導入されると個人間の関わりを薄くしてしまいます。そして、個人が全体の中で歯車化し、「自分が何をやっているのか」の意味づけが難しくなります。

資本主義の中では、企業が"効率"を求めれば求めるほど、分業が進み、その結果として個人が自分の重要性を感じづらくなるのです。

また、年功序列・学歴主義が崩壊し、社会の"階級システム"が崩れていくと個人個人が、自分の判断で自己実現をしていくよう求められます。「これからは、自分次第です!」と。

しかし、これまで分業が進み、個人は歯車化しています。個人は会社の中で、また社会の中でほんの一部分を担当する歯車になっているわけです。

資本主義の中で生き残るためには、効率も重要です。そのため、生き残るために分業が進み、"歯車"になっていくことは自然なことなのです。

"組織の歯車"を否定するわけではありません。むしろこの世の中では、ひとりですべての工程を行うことなどほぼ不可能です。能力としてそれが可能だったとしても、効率が悪く、他者との競争に負けてしまいます。

気づかなければいけないのは、ぼくらは全員"歯車"だということです。プロスポーツ選手は全員、チームのために機能する"歯車"です。イチロー選手が「このバッターは俺が打ち取る」と言ってマウンドに上がることはありません。サッカーのアルゼンチン代表のメッシ選手は、点を取ることに集中・特化しています。

現時点で、「歯車にならず、自分ひとりだけいれば、消費者に商品を届けられる」という人がいたら、それは単なる勘違いか、商品を年に数個しかつくらない特殊な職人などで、さほど効率性を求めていないかのどちらかでしょう。

個人で仕事をしているフリーランスも"歯車"です。「個人でデザイン事務所を経営している」「コンサルタントとして一人で仕事をしています」という人も、同じように"歯車"です。

自分で個人事務所をつくっているからと言っても、その人が担当する業務は、その商品をつくるうえでの"ごく一部分"にすぎません。デザイナーは、商品のデザインだけを担当しているにすぎません。コンサルタントは一部分の業務のアドバイスをしているに過ぎません。

どちらにしても組織として独立しているだけで、その人単独で最終消費者(一般のお客さん)に商品を届けられるわけではありません。社会全体でみると、ほとんどのビジネスパーソン、社会人は、"小さな歯車"なのです。

そして、その小さな歯車が、ある日突然、「これからは個人主義、実力主義ですから」と放りだされたわけです。「これからは、自分次第です!」と。

いきなりそんなことを言われても何もできないでしょう。歯車は単体では商品になりません。組織の一部に組み込まれてきた"歯車"に独り立ちを強制する方が酷です。

しかし時代は、ぼくたち"歯車"に自立を求めています。歯車が、自分で生きていく道と場所を自分で探すように求めています。ぼくらが生きていくのは、そういう時代だということを覚えておかなければいけません。

自分の"ポジション"をつくる

"歯車"は、自分ひとりでは何もできません。他の歯車とかみ合ってこそ、全体を動かすことができます。つまり、他者との協力が必要なわけです(各自が平等で、「自分次第の世の中」になればなるほど、他者との協力が求められるのは、なんとも逆説的です)。

資本主義社会の中では、"歯車"として生きていくしかありません。しかし、受動的に全体に組み込まれる歯車になるのか、積極的に自分の居場所を求めて、主体的に他者とかみ合う歯車になるのかは、選ぶことができます。

これから、ぼくらが考えなければいけないのは、「積極的な歯車になる」ということです。

しかし、ここに大きなジレンマがあります。"心の葛藤"と言った方がいいかもしれません。積極的な歯車になるためには、自分が活躍できる場を選ばなければいけなくなります。しかしその場は、自分が望んでいた場所ではないかもしれないのです。

素人発想で考えると、サッカーで光が当たるのはどうしても点を取る選手です。守備を固めるディフェンダーの選手が神業ともいえる守備をしても、スポーツ新聞の1面を飾ることは難しいでしょう。だから、多くのサッカー少年は、スポットが当たるポジションを目指し、地味なポジションは人気がありません。

しかしながら、全員がそのスポットが当たる場所に入れるわけではありません。その場に入れなかった人は、自分の夢が破れたと感じてしまいます。そして結果的に、自分の居場所を確保できないのです。

自分の居場所を確保できないのは、能力の問題だけではありません。考え方の問題も大きく作用しています。ここで、積極的な歯車になるための考え方をご紹介します。

自分のポジションを見つけ、他を捨てる

ぼくはこれまで、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートと3社経験しました。現在は出版社と社団法人を経営しながら、ビジネス書と書く仕事をしています。つまり、出版業界の人間です。

時代の流れとしては、出版よりもインターネットやスマホ関連のビジネスの方が注目を集めるでしょう。収益的にもメリットがあるかもしれません。ですが、ぼくは出版業界をあえて選びました。

というのは、時代の最先端を行くインターネットやスマホ関連の仕事は、ライバルが多すぎるからです。ライバルが多いということは、つまり競争が激しいということ。そして、勝てる確率がその分下がるということです。もちろん、「勝った人」は、莫大な富と名声が得られるでしょう。しかしそれは「勝ったら」の話です。

圧倒的に激しい競争の中で勝ち上がるためは、それ相応の努力をしなければいけません。しかも、今日勝ったとしても、明日もそのまま勝っているかは分かりません。例えばスマホゲームの業界を見ると、勝ち続けることの難しさがよくわかります。

インターネットやスマホ関連のビジネスでは、常に全力で走り続けなければいけず、しかも常に勝ち続けなければいけません。しかし、ぼくにはそれはできません。性格的に、また能力的に常にその激しい競争の中で勝ち残っていくことはできないと判断しました。だから、別の道を選んだのです。

作家という仕事は、インターネットビジネスに比べると、比較的時間がゆったり進んでいます。世間で「出版は右肩下がり」と言われているからか、新規参入も少なく、一度築いた地位が比較的長く続きます。

ただ、大事なのはそこではありません。お伝えしたいのは、「最先端で、みんなの注目を集める業界ではないところを目指した」ということです。

多くの人が、一番目立つ場所で活躍したいと願っています。もちろんそれは悪いことではありません。ですが、一番目立つ場所で活躍できるのは、当然ひとにぎりだけです。そこに挑んで敗れる人たちがたくさんいるのです。

であれば、自分が勝てる場所を見つけ、そこで勝つという選択肢も考えるべきです。つまり、自分のポジションを見つけ、そのポジションでレギュラーになる道を選択肢にいれるべきなのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

現代ビジネス

この連載について

初回を読む
木暮太一の「経済の仕組み」

木暮太一

10万部超のベストセラー『今まで一番やさしい経済の教科書』などのビジネス書で知られる著者が、なんとなく分かったつもりになっていた「経済の仕組み」を懇切丁寧に解説します。ビジネスパーソンの基礎力を高めたいなら必読です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません