FOK46—フォークオーケン46歳
【第8回】腕時計とアコースティックギター

 40代は大いに惑う。ということを以前に書いた。40代はまた、惑う自分に腹が立って困る。
 もういい大人だっていうのに、14歳の頃のように漠然と日々惑っている自分の制御能力の無さにガク然とし、イラ立つ。
 イラ立つとさらに、感情のリミッターが外れて、深い憂鬱の方向へ向かうことがある。
 憂鬱とはつまり、集中力なのだ。

 集中力が心配や不安や、曖昧であろうと明確であろうと、当面の、先々の、あるいは過去の、何かトラブルの一箇所へ集約された時、憂鬱は生じてそこに自ら落ちてゆくのだ。
 だから憂鬱にとらわれたくない人は、まずその集中力を拡散、あるいは別方向へ向かわせることだ。
 人によってはどういうわけか集中力の大砲が常に憂鬱に照準を合わせているから、自らの意志を用いて別へ向けるのだ。

 では向ける先はどこがいいのか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
小説 FOK46—フォークオーケン46歳

大槻ケンヂ

30年以上音楽活動を続けてきた、ロックミュージシャンの大槻ケンヂ。楽器演奏と歌を歌うのを同時にできないという理由で、ボーカルに徹してきた彼が、2012年、ギターの弾き語りでのソロツアーを始めた。その名も『FOK46(フォークオーケン4...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Naeze オーケンすごいよ。吹出し止まらず(^^) 約5年前 replyretweetfavorite