第9回】真のエスタブリッシュメントが重視する「地ぐらい」

真の富裕層が選ぶ超高級な街をまとめた。

本当のエスタブリッシュメントは利回りでは不動産を見ない。彼らが重視するのは、「地ぐらい」という、過去何百年もの間にその土地に刻まれたブランドだ。


  不動産業界には、「地ぐらい」なる言葉がある。土地の格、ブランドを意味するそうだ。

 本当のエスタブリッシュメントというのは、「物件を見る際、そこが由緒正しい土地か、つまり地ぐらいを重視する」と東京カンテイ市場調査部の井出武主任研究員は指摘する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本に押し寄せる世界の富裕層マネー

週刊ダイヤモンド

米国、中国、欧州、シンガポール、香港、台湾、マレーシア……。世界中の富裕層マネーが日本に押し寄せている。彼らはこの日本でいったい何を買っているのか。日本人は長過ぎたデフレのせいで気づけていないだけなのかもしれない。実はこの島国にこそ宝...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yusuke_hotmilk さっき会話聞いてて、エスタブリッシュメントはエスタブリッシュメントでうまいこと回ってるなぁと https://t.co/pPM8qhB9Ps 3年以上前 replyretweetfavorite