第5回】犠牲の心ではない本当の覚悟をせよ

京大、マッキンゼー、ホスト、船井総研という異色の経歴を経てきた若き思想家・倉本圭造さんの意欲作のエッセンスを、cakesでもお届け。閉塞的な空気に包まれた日本のなかで、希望を次世代へとつなげ、世界へと広げていく方法とは。PQ的大道楽のためにまず超えるべきは、「苦労をありがたがる心」でした。

「オリジナルの蓄積」こそが「重み」を生み出す。
「苦労すること自体」にはなんの価値もない

  故マイケル・ジャクソンは、ライブで登場するときに、特に熱狂的なファンが集まってきているときにはドーンと登場して、一切動かずに1分以上仁王立ちしていたりしました。

 これはなかなかできることじゃありません。

  自分に自信のない芸人さんとかなら、地方のショッピングセンターに営業に行ってやる客席50人のお笑いライブのときでも「いやー、どうもどうも。ねえ!  こんにちはー。はいはい。まあそんな感じで」などと無駄なことを喋りまくってしまいます。

  あなたもプレゼンで経験ありますよね?  緊張して喋れなくなって黙ってしまい、相手をしらーっとさせるか、無駄なことをたくさんしゃべって相手をしらけさせるか。

  マイケル・ジャクソンのように、「動かず仁王立ちしているということだけで大観衆をさらに一段上の狂気のレベルに熱狂させる」などというのは、よっぽどのことがないとできません。

  結局、彼のなかに「それをやってもOK」なだけの「確信」が「今までの真摯な芸術的探求」の時間によって育っているから、その「重み」があるからこそ「あえて動かないという熱狂のさせ方」ができるわけです。「苦労自体」には意味はぜんぜんありません。これは日本においてはいくら強調してもしたりないぐらいです。しかし、「ただの怠惰」ではない形で「〝あえて〟苦労をしない」ということは、本当に大変なことです。「犠牲の心ではない本当の覚悟」が必要な局面があります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジセダイ by 星海社新書

この連載について

初回を読む
21世紀の薩長同盟を結べ

倉本圭造

京大、マッキンゼー、ホスト、船井総研という異色の経歴を経てきた若き思想家・倉本圭造さん。彼の処女作『21世紀の薩長同盟を結べ』は、23万字にわたる圧巻の提言書です。そんな意欲作のエッセンスを、cakesでもお届け。閉塞的な空気に包まれ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません