第7回】“ビル・ゲイツ効果”で 別荘の購入希望者が殺到

2013年春、米マイクロソフト元会長のビル・ゲイツ氏が別荘を建設することがわかって、軽井沢のフィーバーが始まり、別荘の購入希望者が一気に膨らんだ。


ひゃくたけ・よしのぶ/トヨタフィナンシャルサービス証券(現・東海東京証券)、英スタンダードチャータード銀行コンシューマーバンキング部門日本副代表を経て現職。太陽光発電機等の製造販売ワンハンドレッドウィングスCEO。


 そもそも軽井沢は日本の富裕層が長年、別荘を建てるなどして形作ってきたリゾート。こうした投資が真っ先に始まる場所なのだ。12年末に自民党に政権交代した瞬間から、彼らは動き始めていた。

 その流れを加速させたのが、“ビル・ゲイツ効果”だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本に押し寄せる世界の富裕層マネー

週刊ダイヤモンド

米国、中国、欧州、シンガポール、香港、台湾、マレーシア……。世界中の富裕層マネーが日本に押し寄せている。彼らはこの日本でいったい何を買っているのか。日本人は長過ぎたデフレのせいで気づけていないだけなのかもしれない。実はこの島国にこそ宝...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません