一回やってみたい」と思わせる誘導術【心理学・認知科学をセックスから学ぶvol.2】

これだけは押さえておきたい! 新人ビジネスパーソン必見の“超訳”ビジネス用語。マストで身につけるべきだけどなかなか覚えられないカタカナ言葉を、男女関係にからめて解説します。今回は、セックスあるあるから、ビジネスに効く心理学・認知科学を学びます。
解説する用語:“アンゾフのマトリクス”、“バンドワゴン現象”、“ラポール形成”、“アフォーダンス”

54 アンゾフのマトリクス(心理学・認知科学)

◇本来の意味◇

アンゾフのマトリクスとは、企業の成長戦略を検討するためのフレームワークで、縦軸に「市場」、横軸に「製品」を取り、それぞれ「既存」「新規」の2区分を設けた4象限のマトリクス。市場浸透(既存の市場で既存の製品を売る)、新製品開発(既存の市場に新製品を売る)、新市場開拓(新規の市場に既存の製品を売る)、狭義の多角化(新規の市場に新製品を売る)に分類する。

◆モテビジ解説◆

たとえば、既存のdocomoユーザーに新規の動画サービスを提供するのか、softbankユーザーをリプレイスして既存のdocomoサービスに導入するのかで、docomoの取るべき事業拡大の方向性はまったく変わってきます。同様に、縦軸を「セックスの相手」、横軸を「体位」とすると、セックスの成長戦略を考えるフレームワークになります。すなわち、市場浸透(同じ相手と得意な体位でする)、新製品開発(同じ相手に新しい体位を試す)、新市場開拓(新しい相手と得意な体位でする)、多角化(新しい相手に新しい体位を試す)、のうちどれを取るかで、あなたがセックスで重視したいことが見えてくるわけです。また、この4つをバランスよくこなすことで、セックスの実力は総合的に上がっていくでしょう。

55 バンドワゴン現象(心理学・認知科学)

◇本来の意味◇

バンドワゴン現象とは、群集心理における同調現象のひとつで、ある製品やサービスを支持する人が多いほど、顧客がそれらから得る満足や安心感が増加すること。また、ある製品やサービスが流行しているという情報が流れることで、それらへの支持がいっそう強くなること。逆に、劣勢や不人気が伝えられて判官びいきが働くことを「逆バンドワゴン現象(アンダードッグ現象)」と言う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
モテるビジネス用語

小石ヤマ

これだけは押さえておきたい! 新人ビジネスパーソン必見の“超訳”ビジネス用語。某有名企業に勤める著者が、マストで身につけるべきだけどなかなか覚えられないカタカナ言葉を、男女関係にからめて解説します。身近な恋愛ネタだから簡単に覚えられ、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません