第2回】「陰樹」と「陽樹」のコラボレーション

京大、マッキンゼー、ホスト、船井総研という異色の経歴を経てきた若き思想家・倉本圭造さんの意欲作のエッセンスを、cakesでもお届け。閉塞的な空気に包まれた日本のなかで、希望を次世代へとつなげ、世界へと広げていく方法をひもときます。今回は、「原生林のたとえ」からみえてきた、「陰樹」と「陽樹」という、二つの人間タイプに迫ります。

ふたたび「原生林のたとえ」に戻ると?

  では、これまでの話をもう一度「原生林のたとえ」に戻して考えてみましょう。

 なぜ原生林はあんなに柔らかく温かい土があって、多様な生態系を内包しているのに、近所の雑木林の土はカチカチに冷たく固くて、貧困な多様性しか含まれていないのでしょうか。

  よく言われている考え方として、人間の手が入った森と原生林が違うのは、人間の手が入った森は木材になりやすいスギなどの針葉樹ばっかり植えていることだという指摘があります。そういう「単一種の森」じゃなくて、いろんな種類の「雑木」が植わっていることが大事なんだという考え方ですね。

  しかし、私の故郷の神戸には六甲山という山(あの「六甲のおいしい水」で有名な山です)がありまして、そこには、明治時代に燃料にするために木を切りすぎてハゲ山になってしまい、わざわざ植林して作られた若い森があります。

  その植林のときに、スギやヒノキといった「木材として利用しやすい木」だけではなくて、種々の雑木を植えることによって単一植生の森よりも砂防効果を高めたというのが、当時としては非常に先進的な事例だったらしいのですが、しかしその六甲山(子供のころ、よく父につれられて登りましたが)に
は、芦生の原生林のような「柔らかい土」はあまりなかったように記憶しています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジセダイ by 星海社新書

この連載について

初回を読む
21世紀の薩長同盟を結べ

倉本圭造

京大、マッキンゼー、ホスト、船井総研という異色の経歴を経てきた若き思想家・倉本圭造さん。彼の処女作『21世紀の薩長同盟を結べ』は、23万字にわたる圧巻の提言書です。そんな意欲作のエッセンスを、cakesでもお届け。閉塞的な空気に包まれ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません