データの「見える化」とピボットテーブル

元データをテーブル形式で集計したら、いよいよ「見える化」です。ビジュアルな表やグラフで表現して、ひと目で判断や分析をできるようにしましょう。この作業により、課題解決はもちろん、資料作成や伝達のコストも大幅に削減できるのです。

『データ分析で仕事が変わる』(PHPビジネス新書ビジュアル)から一部を抜粋し、データ分析手法の基礎の基礎をご紹介します。(本連載は、今回が最終回です)

ひと目で判断できる「ビジュアル化分析」を行う

■ビジュアル化分析とは、見える化の分析
 数ある情報の中で数値情報は一番わかりにくい情報です。その数値をできるだけわかりやすく表現するために、グラフが生まれました。表で事実をつかみ、グラフで傾向や差をわかりやすく表現します。
 しかし、表とグラフを組み合わせて分析するのは、なかなか難しい面があります。
 そこで登場したのが「表や数値の見える化」という分析表現方法です。この方法を利用した分析を「ビジュアル化分析」と呼びます。

■表をビジュアル化し、問題や傾向をひと目でつかむ  
 表の中の数字からは事実がつかめます。しかしその数字を読み解くには、それなりの経験や知識を必要とします。
 そこでそれらの読み解きを、誰もが簡単にひと目でできるようにならないか、という思いが長らくありました。
 それを実現したのが、表のビジュアル化という表現と分析の方法です。
 表の数字にあわせて横棒グラフを入れたり、数字の背景を色分けしたり、矢印や信号機などの記号を用いることで、数字の傾向や良し悪しを表現するのです。このことにより、ひと目で問題点や傾向などがつかめ、物事を判断するための「情報」とすることができます。この方法を利用して、ビジュアルなデータ分析を進めていきます。これらは、分析ツールの新しい機能で実現します。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
データ分析で仕事が変わる

住中光夫

データを制す者がビジネスを制す――そんな言葉がいよいよ現実味を増してきた今、ビジネスデータ分析の第一人者が書き下ろしたのが、PHPビジネス新書『データ分析で仕事が変わる』です。 多量なデータを瞬時に集計し、さまざまな切り口で次々に分析...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません